アンジャッシュ渡部 千葉テレビが復帰の出鼻をくじいた2つのワケ | FRIDAYデジタル

アンジャッシュ渡部 千葉テレビが復帰の出鼻をくじいた2つのワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2月15日の『白黒アンジャッシュ』で復帰が決まったアンジャッシュ渡部。妻の佐々木希も応援コメントを出したが…

芸能活動を自粛していたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建が2月5日に冠番組『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)の収録を行い、およそ1年7か月ぶりに仕事復帰を果たしたことを発表した。

所属事務所の公式サイトで渡部はコメントを発表。

《私の浅はかな行動により、多くの皆様に大変なご迷惑をおかけしました事、改めてお詫び申し上げます》

さらに相方の児嶋一哉も自身のユーチューブチャンネルで動画を投稿。一人、スーツを着用し関係者らに迷惑をかけたことを謝罪した上で、

「2月15日の放送から白黒アンジャッシュは2人で復活します」

と神妙な面持ちで報告した。

妻の佐々木希も自身のインスタグラムで“ゼロから頑張る夫を見守る”と宣言。一方で

《憶測や事実ではない内容の記事に何度もやるせない気持ちにもなりました…》

と報道に対し苦言も呈した。

多目的トイレ不倫を暴かれたことにより、“売れっ子芸人”“芸能界のグルメ王”さらに“一流女優を妻に”した絵にかいたような“勝ち組”の男は一夜にして活動休止に追い込まれた。

そしてついに、千葉テレビが英断を下し渡部に救いの手を差し伸べたのだ。

しかし一方で世間は千葉テレビに対する疑問を募らせていた。理由は2つある。

1つはスポーツ紙が渡部の復帰をスクープした翌日、再度千葉テレビに問い合わせた際、広報は

「そのような話はない」

と強めに否定したことだ。通常であれば「現時点で発表できることはない」などと煙に巻くのが相場だ。これに世間は惑わされ“なぜウソを言ったのか”とヤキモキしていたようだ。

「本来であれば5日に収録を終え、7日の月曜日に事務所が復帰を発表する予定だったと聞いています。それが先に情報が漏れてしまい、スポーツ紙に書かれてしまった。

過去の復帰失敗の二の舞とならないよう、千葉テレビは絶対に漏れてはいけないとの思いが強すぎて、あのような強めの否定コメントをしたのかもしれませんね」(ワイドショー関係者)

渡部はこれまで’20年末に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)にサプライズ出演する予定だったが、結局先に情報が漏れて“お蔵入り”に。情報漏れしたことに、松本人志が怒ったとも言われている。

その他にも同局の『行列のできる法律相談所』で復帰するのではないかという報道もあったが“幻”となった。しかし千葉テレビがしたことは、「秘密を厳守する」というより「ウソをついた」と捉えられても仕方ないだろう。

千葉テレビが渡部に対してうまくアシストできなかったことがもう一つある。

同局は収録を終えたあとのアンジャッシュ2人の写真をマスコミに配布したのだが、なぜか児島が手を前に組み、渡部は手を後ろに組んでいるのだ。

「ビジネス上、手を後ろで組むのは失礼に当たります。“まるで児島さんが謝罪しているように見える”“渡部さんが偉そうに見える”などというコメントがネット上に出現しています。心理学的には手を隠したいのは“緊張”や“隠し事をしている”サインでもあると言われています。

渡部さんは緊張で真っ白になっていた可能性があるので、スタッフが“手を後ろで組まないでください”と一言いえば済んだ話。もしくは別の写真に差し替えるべきでしたね」(芸能レポーター)

しかし渡部を真っ先に復活させるというのは視聴率のメリットより、矢面に立たなければならないというデメリットも大きい。相方にも妻にも復帰を許され、千葉テレビからチャンスをもらった渡部は、どんな復活劇を見せてくれるのだろうか――。

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事