5歳女児の顔を殴り墓場で全裸に…「ヤバすぎる虐待事件の全容」 | FRIDAYデジタル

5歳女児の顔を殴り墓場で全裸に…「ヤバすぎる虐待事件の全容」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自身の娘でない女児に暴行を加え続けた船橋容疑者(画像:共同通信社)

「愉快なミッションがやってきた。今日も楽しい時間が始まるよ」

そう言って男は、女児の髪の毛を引っ張り顔面を殴る。さらに口の中に手を突っ込み、下アゴを掴んで暴行。イスの上に置いた大きな鍋の中で、明け方まで6時間近く立たせ続けたーー。

2月9日、岡山県警は5歳女児に虐待を繰り返したとして、岡山市北区に住む母親・西田彩容疑者(34)と交際していた内装工・船橋誠二容疑者(38)を逮捕した。虐待を受けていたのは、西田真愛ちゃん。昨年9月に脳死状態で病院に搬送されたが、今年1月に低酸素脳症で死亡した。

「昨年9月、児童相談所から警察に『病院に搬送された女児が脳死状態で事件の可能性がある』と通報があり、両容疑者の逮捕にいたりました。真愛ちゃんは搬送される直前まで布団でグルグル巻きにされ、呼吸が困難な状態だったそうです。

警察の調べによると、昨年9月中に少なくとも5回、顔を殴るなどの暴行があったことがわかっています。西田容疑者は、『私がしたことではないので共犯というのはおかしい』と否認。船橋容疑者は、『暴力を振るい長時間イスの上に立たせたことは間違いない』と虐待を認めています。船橋容疑者は『楽しい時間が始まるよ』などと言って真愛ちゃんを暴行し、西田容疑者は止めもせず黙認していたようです」(全国紙社会部記者)

暴行の様子をスマホで撮影

真愛ちゃんの母親・西田容疑者。交際相手の暴行を止めようとしなかったどころか楽しんでいた疑いもある(画像:共同通信社)

暴行は、凄惨をきわめた。

「真愛ちゃんは鍋の中で6時間近く立たされることがありましたが、トイレに行くことさえ許されなかったそうです。全裸にされ、霧吹きで液体をかけられ扇風機をあてられたことも。船橋容疑者の供述によると、鼻の穴に思い切り指を突っ込んでもいたとか。20年9月には、真愛ちゃんを深夜の墓地に全裸で立たせ激しく叱責する様子を通行人が目撃しています。より恐怖を感じさせるために、目隠しまでして……。

暴行の様子は、船橋容疑者のスマートフォンで撮影されていました。虐待を映した動画が、複数見つかっている。暴行現場となった西田容疑者の自宅には、室内用のカメラが複数設置されていました。船橋容疑者の家は10kmほど離れた場所にあります。西田容疑者が留守の時に、カメラで真愛ちゃんの様子を監視していたようです」(同前)

暴行は、日常的に行われていたようだ。西田容疑者のスマホには「そろそろ食事をさせないと血色がヤバい」という、船橋容疑者と交わしたLINEが残っていた。真愛ちゃんは、十分な食べ物も与えられていなかったのだろう。

複数のメディアによると、近隣住民は真愛ちゃんが病院へ搬送される以前から、子どもの泣き叫ぶ声や大人の叱責するような怒鳴り声を頻繁に聞いていたという。事件は防げなかったのだろうか。

「岡山市の児童相談所は、3年前の19年6月に当時3歳だった真愛ちゃんへの育児放棄(ネグレクト)の疑いがあるとして、西田容疑者へ書面で通告したと公表しています。児相が面接すると、真愛ちゃんの額に10円玉ほどのアザがあったそうですが、西田容疑者は『どこかでぶつけたかもしれない』と説明。船橋容疑者については『そんな人はいない』と存在を否定したそうです。

さらに翌20年9月には、墓地で女児が屋外で激しく叱責されているとの通報があり(前述のエピソード)、児相は14日間真愛ちゃんを保護しました。この時、児相は初めて船橋容疑者と面談。しかし両容疑者は反省していたようで、保護を解除されています。その後、西田容疑者とは3~4ヵ月に一度面談していましたが、船橋容疑者とは電話で1回話しただけだそうです」(同前)

職員数に限りのある児相では、すべてのトラブルに対応できないだろう。厚生労働省によると20年度の児童虐待相談件数は約20万5000件で、前年度から1万1000件ほどの増加。過去最多を更新している。

暴行が行われていた西田容疑者の自宅(画像:共同通信社)
  • 写真共同通信社

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事