ノストラダムスが予言してた「2022年に人類滅亡危機」その中身 | FRIDAYデジタル

ノストラダムスが予言してた「2022年に人類滅亡危機」その中身

続! ノストラダムスの大予言 新型コロナウイルスの蔓延、ロシアによるウクライナ危機、トンガ大噴火は前兆だった

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ノストラダムスが著した『予言集』。1555年に初版が刊行。ラテン語などで書かれた四行詩で構成されている

「’22年、世界に『闇の3日間』が訪れ、人類の3分の2が滅亡するだろう」

’90年代後半、世界中を恐怖に陥れた「ノストラダムスの大予言」が23年の時を経て、注目されている。

’99年の7月に「恐怖の大王」が降ってこなかったことで人類は胸をなでおろしたハズだが――。予言研究家の白神じゅりこ氏は「ノストラダムスの予言にはまだまだ続きがある」と言う。

「ノストラダムスは3797年まで予言を残しています。ここ数年だけでも、’16年のドナルド・トランプ(75)の米大統領当選、’19年のノートルダム大聖堂の火災も言い当てているんです」

今年、世界を襲うという「闇の3日間」とはいったいなんなのか。

「『闇の3日間』は一部のカトリック教徒に信じられている終末の予言です。ノストラダムスはそれを示唆するような予言詩をいくつも残しています。キリストから直接、啓示を受けたというイタリアのピオ神父という人物もこう言い残していました。『完全な暗闇の中で、3日間、生きられるように準備せよ。その日が訪れるときは近い。その3日間で多くの人びとは食べることも飲むこともできずに死んでしまうだろう。光が戻っても、多くの人はそれを目にすることもかなわない』。その前兆となる現象がいま、世界中で起こっています」(白神氏)

新型コロナウイルスの世界的流行、ロシアによるウクライナ危機、トンガの海底火山大噴火なども、終末の前兆現象としてノストラダムスは言い当てているという。

『闇の3日間』でいったい世界に何が起きるのか。白神氏によれば、前兆と関連する次の4つの危機が訪れる可能性があるという。

●第3次世界大戦の勃発

ロシアによるウクライナ危機、米中の対立により全面核戦争が始まる。

●小惑星シャワーが襲来

’22年、ふたご座流星群がピークを迎える。その一部が隕石として地球を襲う。

●ノアの大洪水が再び起こる

世界中で異常気象による大規模水害が頻発。核戦争や巨大な地震や噴火などで大きな地殻変動が起こることで、異次元の気候変動が誘発される。

●米ドル市場の崩壊

投資家が米ドルを金、銀、仮想通貨に替えるという動きが活発化。新型コロナウイルスの影響による業績悪化で倒産する企業が続出し、NASDAQも暴落。ドルが深刻なインフレに陥る。

無事に’23年を迎えられることを祈ろう――。

肖像画。ノストラダムスは16世紀のフランスで医師、占星術師、詩人などとして活動した
’90年代後半、社会現象を巻き起こした『ノストラダムスの大予言』(祥伝社、五島勉著)

『FRIDAY』2022年2月25日号より

  • PHOTOアフロ 結束武郎

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事