新キャスト発表!小栗、新垣…『鎌倉殿』俳優「圧倒的オーラ」姿 | FRIDAYデジタル

新キャスト発表!小栗、新垣…『鎌倉殿』俳優「圧倒的オーラ」姿

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
18年11月。笑顔で居酒屋から出てきたイケメンたち。左より小栗、成田凌、千葉雄大、瀬戸康史

2月16日、NHKは大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の新しい3人のキャストを発表した。主な新配役は以下の通り。

・堀田真由:比奈(小栗旬演じる主人公・北条義時の妻)

・坂口健太郎:北条泰時(義時の長男)

・瀬戸康史:北条時房(義時の異母弟)

小栗と坂口、瀬戸の3人は、プライベートでも仲が良いことで知られる。

「小栗さんと坂口さんは、所属事務所の先輩後輩の関係です。坂口さんは、大河ドラマ初出演。小栗さんとも初共演で親子を演じ、こんなコメントを発表しています。『役柄の中で息子としても、いろいろなものをちょっとまねてみたり、盗んでみたり。それを現場でも感じながらお芝居できるといいなと思います』と。

小栗さんと瀬戸さんは、俳優仲間をまじえよく食事に行っているようです(1枚目の写真)。成田凌さんや千葉雄大さんらとね。みんな仕事熱心なので、食事中の話題はほとんど演技のことだとか」(芸能プロダクション関係者)

女性陣の熱演も見どころ

18歳の記念日にスタッフへケーキをおすそ分けした新垣。『FRIDAY』06年6月30日号掲載

特筆すべきは、男性陣だけではない。新垣結衣(大泉洋演じる源頼朝の妻・八重)、小池栄子(同・北条政子)、宮沢りえ(坂東弥十郎演じる北条時政の妻・りく)、鈴木京香(西田敏行演じる後白河法皇の愛妾)……。女性出演陣も豪華だ。

「脚本を手がける三谷幸喜さんの作品らしく、恋愛模様もコミカルに描かれています。男性たちの嫉妬も決してシリアスにならず、視聴者を飽きさせません。新垣さんも小池さんも宮沢さんも、夫への愛情や微笑ましい夫婦関係をうまく演じているんです。

アクセントとなっているのが、長澤まさみさんのナレーションでしょう。バラエティ色もある『鎌倉殿』の背景を、落ち着いた声で淡々と説明している。『ちょっと暗いのでは』という意見もありますが、ドラマを引き締める重要な役割を担っていると思います」(NHKスタッフ)

2月13日の第6回は、視聴率13.8%と前回より0.3%上回りスタート時から2ケタをキープ。出演者の好演が、好調を支えているのは間違いないだろう。

都内の高級パン店に入り買い物を終えた大泉。21年7月撮影
女子トークはかなり盛り上がったようで友人と自撮りをする小池。19年8月撮影
18年6月。都内で食事後に愛車まで歩く宮沢と夫の森田剛
カフェでくつろぐ長澤。友人の話についつい笑みがこぼれる場面も(20年12月撮影)
平清盛役の松平健。16年撮影
19年3月、都内で買い物をした鈴木
源義経役の菅田将暉。21年4月撮影
北条宗時役の片岡愛之助。20年9月撮影
  • 撮影足立百合 川上孝夫 坂口安子 島 颯太 西 圭介 原 一平 山田宏次郎

Photo Gallery10

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事