4位ワリエワを叱責…!選手を材料と呼ぶ「ロシアの女帝」の正体 | FRIDAYデジタル

4位ワリエワを叱責…!選手を材料と呼ぶ「ロシアの女帝」の正体

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
フリーを終えワリエワを詰問するコーチのトゥトベリーゼ氏(画像:共同通信社)

「なぜ諦めたの? なぜ戦いをやめたの? 説明してちょうだい」

失意の少女に、コーチは容赦なかったーー。

2月17日、北京冬季五輪フィギュアスケート女子シングルはすべてのプログラムを終えた。ドーピング使用疑惑で世界中から非難されている、ロシアのカミラ・ワリエワ(15)はフリーでミスを連発。連続ジャンプで転倒を繰り返すなどして4位に終わる。圧倒的な強さでライバルから「絶望」と呼ばれるワリエワは、順位を知って泣き崩れた。しかし……。

「コーチのエテリ・トゥトベリーゼさん(47)は、手厳しかったですね。ワリエワを慰めるどころか、リンクから戻ってきた途端に『なぜ諦めたの?』と厳しく詰問。ワリエワは明確に答えられず、悔しそうな表情で泣き続けていました。

1位、2位ともロシア勢でしたが、競技後は物々しい雰囲気に。銀メダルを獲得したアレクサンドラ・トゥルソワは、トゥトベリーゼさんからのハグを拒否し『こんなスポーツは大っ嫌い! もう氷の上には立たない』と報道陣に不満をブチまけ、こう続けました。『結果はまったく嬉しくない。幸せではない。今後についてはよく考えてから決めたい』と」(スポーツ紙担当記者)

「失敗するのが好きなの?」

コーチのトゥトベリーゼ氏は、ロシアで「女帝」「氷の女王」と呼ばれる絶対的な指導者だ。門下生には18年平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワや、同銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワなどそうそうたる選手が。だがトゥトベリーゼ氏の厳しい指導についていけず、脱落するアスリートは多い。

「トゥトベリーゼさんは練習場を『工場』、選手を『材料』と呼び、私生活まで徹底した管理指導をします。化粧の仕方、歩き方、話し方までです。北京五輪前にはロシアのテレビ局のインタビューに答え、次のように話しています。『厳しく指導しなければ、メダルなどとれない。選手が私の思いどおりにパフォーマンスしないと、とても悔しく感じ叱りとばす』と。

メドベージェワが練習中にジャンプでミスすると、『失敗するのが好きなの? なら、転倒するのを手伝ってあげるわ』と叱責しています。指導を受けたザギトワは、平昌五輪後に『いつも不安がある。燃え尽きた』と語り一時競技から離脱。昨年5月には、ロシアの強化指定選手から外されました」(同前)

トゥトベリーゼ氏が生まれたのは、旧ソ連時代の74年。ソ連崩壊後の92年にアメリカへ渡りコーチとしての経験を重ね、99年にロシアへ戻ってきた。

「トゥトベリーゼさんはシングルマザーで、娘のダイアナ・デイビスさんもアイスダンス選手です。コーチとしては、娘にも容赦ない。2歳の時からリンクに上げ、指導した通りに滑れないと大声で罵倒。おかげでデイビスさんは昨年12月のロシア選手権では2位となり、北京五輪出場を果たしました」(スケート連盟関係者)

渦中のワリエワも、トゥトベリーゼ氏の指導で世界トップレベルのアスリートになった。だがドーピング騒動のため、ロシアのメディアに「ここ数日は感情的に難しい日々でした。精神的に疲れた」と語るほど疲弊。今後も厳しい未来が待ち受けている。

「疑惑が解決していないにもかかわらず、大会に出場したことに世界中から批判が集まっているんです。WADA(世界反ドーピング機関)が不服を申し立てCAS(スポーツ仲裁裁判所)に上訴すれば、事態が長期化しワリエワは何度も検査を受ける可能性があります。

検査は屈辱的です。検体となる尿の採取は、同性の検査員が実行。他人の尿とすり替える恐れもあるので、実際に目の前で放尿しなければなりません。服は胸の上までたくし上げ、下着は膝の下までさげてです」(前出・記者)

トゥトベリーゼ氏も無関係ではない。WADAのウィトルド・バンカ委員長は、報道陣へこう語っている。

「未成年への薬物投与に関与していたと判明すれば、医師やコーチは永久追放されるべきだ。個人的な意見では、投獄してもらいたい」

  • 写真共同通信社

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事