ラグビー界の逸材・李承信 「どん底から目指す世界への道」 | FRIDAYデジタル

ラグビー界の逸材・李承信 「どん底から目指す世界への道」

コベルコ神戸スティーラーズ ラグビーリーグワン注目ルーキーインタビュー 帝京大を中退し、海外武者修行に挑むも、コロナで断念―― 強豪チームの司令塔を担う若き逸材が語る夢

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’01年、兵庫県生まれ。4歳から競技を始め、大阪朝鮮高級学校を経て帝京大へ。アンダー世代の代表では共同主将を務めたことも。2月6日に行われたNECグリーンロケッツ東葛戦では16得点を挙げ勝利に貢献

「未来の日本代表」と「異色の新人」という2つの呼び名を持つ21歳のラガーマンがいる。

今年から新設されたラグビープロリーグ『ジャパンラグビーリーグワン』の『コベルコ神戸スティーラーズ(旧神戸製鋼)』に所属する李承信(りすんしん)だ。

スピードを生かした仕掛けと60m以上の飛距離を誇るキック力、ゲームを組み立てる判断力に優れており、スタンドオフとしてスティーラーズの攻撃のタクトを振る。在籍2年目にして副キャプテンに就任したラグビー界注目の逸材だ。

「今年はプレー面で余裕が出てきて、チームのために自分が何をしなければならないかを考えられるようになりました」

順風満帆に見えて、李のラグビー人生は挫折ばかりだったという。’18年、高校日本代表として世界と戦った中で痛感したのは、圧倒的な実力不足だ。

「高校3年生のとき、遠征でいろんな国と戦って衝撃を受けました。特にすごかったのはウェールズ、アイルランド、フィジー。スピードやフィジカルの差はもちろん、とにかくラグビーの”理解度”が違う。彼らはラグビーを知っている。驚いたのは試合を読む力です。前後半最初の10分間は絶対に当たり負けないようにしてペースを掴ませない。相手が苦しい時間帯を的確に読んで、チーム全体で集中力を高め、畳みかける。そういった試合勘には大きな差を感じました」

そんな思いを胸に大学ラグビーの名門・帝京大学に進学。1年から主力を勝ち取ったが「世界から離されていく」焦りが拭いきれなかった。

「大学ラグビーも成長できる環境ですが、『世界に出てレベルアップしなければ』という思いが次第に強くなっていった。そのため1年生の終わりごろに本場・ニュージーランドへの留学を決めました。両親とは揉めましたね。特に父親は『引退してからのほうが人生は長い。絶対に大学は出てほしい』と猛反対。でも強くなるためには留学は諦めたくなかった。『ラグビーは僕にとって人生の一部なんです』と言って強引に説得。’20年春、大学を辞めました」

退路を断っての覚悟の海外武者修行だったが、ここでも挫折が待ち受けていた。コロナウイルスのパンデミックだ。留学は入国制限であえなく頓挫(とんざ)した。大学は中退してしまっており、ラグビーができる環境もない。どん底に突き落とされた。

「神戸の実家へ帰省して、近くの公園で遊具を使ってトレーニングしたり、浜辺を走り込んだり、黙々とトレーニングに励みました。一番辛かったのは一人の時間が長かったことです。誰ともコミュニケーションを取れず、何度もラグビーをやめようかなと思いました。半年間くらいはそんな状態が続いたのかな。もうあの頃には戻りたくありません」

救いの手を差し伸べてくれたのは、幼少期に通っていたラグビースクールの元コーチでスティーラーズのチームディレクターを務める福本正幸氏だった。教え子の現状を知った福本氏は、チーム練習後のグラウンドの使用を許可してくれた。

「練習場を使わせてもらう中で実力を評価してもらい、’20年に正式加入しました。最初は名門チームでやっていく自信は1ミリもなくて、ロッカールームに入るだけでも緊張してましたね(笑)。速さと強さが違うし、『神戸』がやろうとしているラグビーの難しさを感じる日々で、自分がこのチームにいて良いのかなと思うくらいでした。それでも刺激の連続で充実していました」

元ニュージーランド代表のアーロン・クルーデン(33)や現役日本代表の中島イシレリ(32)や山中亮平(33)らと切磋琢磨していく中で、チームに欠かせない主力へと成長した。最後にいまの夢を聞いた。

「’19年の日本開催のW杯を観て、代表の活躍に憧れました。絶対にあの場所に立って、世界の強豪たちと戦いたい。これまでの決断に一切の後悔はありません。最短距離でトッププロになってみせます」

伸びしろしかない21歳。世界へ挑むため、今日もひたむきに汗を流す。

身長176㎝と小柄ながら大活躍していることから”異色”と称される。キックやボールのハンドリングには絶対的な自信を持つ

『FRIDAY』2022年3月4日号より

  • 取材・文金 明昱(キムミョンウ)

    スポーツライター

  • 写真コベルコ神戸スティーラーズ提供

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事