7万人を集めた「車の祭典」コロナ禍での苦悩と再開の理由 | FRIDAYデジタル

7万人を集めた「車の祭典」コロナ禍での苦悩と再開の理由

コロナ禍にもかかわらず、西日本最大のクルマの祭典に3日間で7万人が来場

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
車好きで愛車はプジョー206というAiさん。「オートメッセは2回目。豊田章男社長にお会いしてみたいです」

ピカピカに磨かれたカスタムカーの隣で、ポーズを取るセクシーな美女たち……。『大阪オートメッセ2022』が2月11~13日、2年ぶりに開催された。

カー用品『車工房』のブースには、ヘソ出しミニスカ姿の4人組が登場。マスク着用で感染対策に配慮しながらも、チラシ配りや商品説明などPR活動は積極的。メッセ初日は多くの来場客が足を止め、写真撮影にも気さくに応じていた

「1年の売り上げの大半をオートメッセで稼ぐ業者もあり、開催を熱望する声が多かったんです。密を避け、大声を出さないようにサイレントタイムを設けるなど、例年にない静かなショーになりました」(オートメッセ関係者)

それでも、3日で7万人を超える来場者を記録。ランボルギーニなどの高級外車や、トヨタの『ソアラ』など国産の旧車が客の注目を集めていた。西日本最大の自動車ショーに華を添えるのは、コスチュームをまとったレースクイーンたち。

「車が汚れるので、むやみに車に触れないように気をつけています。車体に手や肘(ひじ)をついているように見えて、ギリギリで浮かせています」(モデルのAiさん)

彼女たちのこだわりも、ショーの隠れた見どころだ。

バストの谷間が強調された超ミニワンピースを着用する美女。ベストショットを狙う客で人だかりができた
特別仕様の3輪ハーレーの前でポーズを取る金髪美女。ヘソ出し&網タイツのコスチュームがキマっている
ラムちゃん風のコスチュームでバイクにまたがる女性。バイクのカスタムが多いのもオートメッセの特徴だ
黒ビキニが似合う、モデルの鳳ゆまさん。「例年は大混雑ですが、今年は3分の1くらいの入りでしょうか」
チャイナドレスに身を包んだマスク姿の2人組。「今回が初めてのオートメッセです」(三宝愛久奈さん、写真右)

『FRIDAY』2022年3月4日号より

  • PHOTO加藤 慶

Photo Gallery7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事