ジャイアント白田が明かす「平成大食いブーム」のヤバい舞台裏 | FRIDAYデジタル

ジャイアント白田が明かす「平成大食いブーム」のヤバい舞台裏

かつて一気に12.5㎏を平らげ史上最強と呼ばれた男 伝説のフードファイターに直撃インタビュー

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自らが経営する串カツ屋『しろたや』にて。もともと食に対する興味があり、大食い引退後は飲食業の道へ

「’01年のデビュー戦で一日3試合したのはさすがにしんどかった。自分は大食い番組に出るのが初めてで比較するものがないんで気づきませんでしたが、今思えば、ド素人が一日3試合するなんてムチャだったなと思います。当時はそれが当たり前だと思っていたので、しんどいなって思いながらも食べていましたね」

そう語るのは、かつて平成の大食いブームでレジェンドと言われたジャイアント白田(42)だ。’07年を最後にフードファイターを引退し、現在は大阪・道頓堀で串カツ店を経営。自ら調理・接客を行っている。引退から早15年、熱狂する大食いブームが落ち着いた今だから話せるウラ側を白田が語った。

「食べるというのが身近な行為だからこそ、多くの人に大食いのすごさが伝わりやすいと思うんです。食べる姿を見るのが好きな人もいますよね。僕の場合は子供の頃から、量を食べるのが好きだったんですよ。ただ、仕事として大食いをするうち、途中からいっぱい食べることが苦痛になってきてしまったんです。もともとけっこう飽き性なんですが、大食いはかなり続いたほうだと思います」

そんな白田は現役時代、かなりストイックに大食いのトレーニングを積み、フードファイターとしてのスキルを上げていた。

「僕は、自己流でトレーニングをしていました。食べ放題に行って限界までお腹いっぱいにするんです。当時現役だった他のフードファイターもアスリートのような感覚で胃を拡張する訓練をしていました。やり方はいろいろありますが、結局限界まで食べて胃を広げていく方法が一番早い。同業の小林尊(たける)くん(43)は水を10ℓ飲んで、胃袋を広げ、1ヵ月ぐらいで胃の容量を限界まで大きくしてました」

当時、過酷な大食いトレーニングを続ける者が多かったが、日本のフードファイターには華奢(きゃしゃ)な体型の人が多い。

「大食い業界では、太りすぎると腹部の脂肪が伸びにくいからたくさん食べられない、なんて言われていました。

日本人の胃袋の平均容量は約1.8㎏。大食いで目立とうと思ったら、最低でも8㎏ほどの容量は欲しいですね。僕の場合、一番多く食べた時は12.5㎏の食べ物を胃袋の中におさめていました」

普通では考えられない量を食べていた平成のフードファイター。本当に驚くのは食事後の身体の変化だ。

「胃袋が広がると小腸が圧迫されて、後ろのほうに追いやられるんです。外から見ると、背骨の横のところ、肋骨の下ぐらいがポコッと膨らむ感じですね。僕らの業界だとあるあるです(笑)。

あと、番組で大食いしてる時って基本的に座っていることが多いんですが、60分で10㎏ぐらい食べて立ち上がろうとするとフラつくんです。大量の食べ物を食べるうちに身体の軸がずれて、バランスを崩すんですよね。胃の容量が8㎏を超えるような、ストイックなフードファイターにしかわからない感覚だと思います」

大食いを表す単位として、「キログラム」が使われることが多いが、食べる側にとっての過酷さは数字で表せるものではない。

「意外だと思うんですが、卵料理が本当にきつい。デビュー戦の2回戦で温泉卵を60個超食べたら、とんでもないぐらい気持ち悪くて吐き気を催しました。満腹とかではなく、卵の臭いとか、黄身のコクとかが食べるにつれて不快感に変わったんです。その後の大食いでも卵料理を食べるのがトラウマになるほどでした。

他にも熱いラーメンを食べすぎて、熱中症のような状態になる人がいたり、僕自身は冷たいものを食べすぎて身体の震えが止まらなくなったことも。量だけでは測れない過酷さがあります」

そんな過酷な挑戦の中でも、モチベーションを保てたのはライバルがいるという緊張感があったからだという。

「昔は真剣勝負で食べる量を競う番組ばかりでしたが、気づけばそういった番組もなくなり、周りを見渡した時に、強敵がいなくなっていたんです。トレーニング期間中って、一人で黙々と食べて、胃を広げていく孤独の中にいて、かなりメンタルがやられるんです。ライバルがいないとなかなか続かないですよね。

今でも復活のオファーを頂くことがありますが、もう8㎏ちょいまでしか胃袋の容量を戻せない。そんなレベルで復帰なんて、恥をさらすだけですよ」

常人の4倍超を食べられても「もう大食いはできない」という。その高いプロ意識こそ、彼がレジェンドとして色あせず人々の記憶に残りつづける所以(ゆえん)だ。

’04年、ニューヨークで開催されたホットドッグ大食い大会で準優勝。12分間で38本を完食した。優勝は小林尊の53.5本(写真右端)
【未掲載カット】ジャイアント白田 今だから語る 平成大食いブームの過酷な舞台裏
【未掲載カット】ジャイアント白田 今だから語る 平成大食いブームの過酷な舞台裏

『FRIDAY』2022年3月4日号より

  • PHOTOアフロ 加藤 慶

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事