覚醒剤所持で逮捕!田中聖「知人に送っていた薬物依頼LINE」 | FRIDAYデジタル

覚醒剤所持で逮捕!田中聖「知人に送っていた薬物依頼LINE」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東京・西麻布の自身の店で撮影された田中容疑者。キマッていると思われるような表情だ(『FRIDAY』17年6月16日号より)

男がホテルをチェックアウトした後、部屋を掃除していた従業員が不審なモノを発見する。違法薬物のような白い結晶だ。通報を受けた警察は、スグに捜査を開始した――。

2月24日、愛知県警は元『KAT-TUN』のメンバー田中聖(こうき)容疑者(36)を、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕した。名古屋市内のビジネスホテルで、今年1月30日の午後5時半ごろ覚醒剤約0.164グラムを所持していたという容疑。田中容疑者は、調べに対し「知らない」と否認している。

「田中容疑者は、同日は名古屋市内のライブハウスで午前と午後にライブを行っていました。覚醒剤所持容疑の時間帯は、午前の部と午後の部の間です。逮捕当日もライブが予定されていましたが、『体調不良』を理由に急きょ出演がキャンセルになっていました」(芸能プロダクション関係者)

田中容疑者が違法薬物で捕まるのは、今回が初めてではない。17年5月にも、警視庁に大麻取締法違反の疑いで逮捕されている(同年6月に嫌疑不十分で不起訴処分)。

「田中容疑者には、以前から薬物使用の噂が絶えませんでした。08年には当時交際していたセクシー女優が、覚醒剤取締法違反で逮捕。田中容疑者にも、警察から行動確認がついていたそうです」(全国紙社会部記者)

ナイフを向けて「テメー! 殺すぞ!」

17年当時、田中容疑者が知人に薬物を依頼していたと思われるLINE。「野菜」は大麻、「自転車」はコカインの隠語だという
17年当時、田中容疑者が知人に薬物を依頼していたと思われるLINE

田中容疑者が、所属していた「ジャニーズ事務所」から契約解除されたのは13年9月だ。同年、事務所に無断で東京・西麻布に会員制のバーをオープンさせたのがキッカケとなっている。『FRIDAY』は、店内で薬物が使用されていたという関係者の証言を紹介している(17年6月16日号)。以下に引用したい。

〈ヤクの売人のような男が店にやってきて、田中に何かを渡していた。『それなに?』って聞いたら『シャブだよ』って言っていました。いつも小さな2cmほどの円錐状のカプセルに、覚醒剤と思われる白い粉を入れていました。明らかにキマッているような時も度々ありましたよ。

店で上半身ハダカになって、ナイフを振り回して暴れたりしたこともあった。お客さんにナイフを向けて、『テメー! 殺すぞ!』と奇声を発していました。暴れる、物を壊すということは日常茶飯事でしたね〉

さらに、当時『FRIDAY』は薬物の購入を知人へ依頼したとみられるLINEのやり取りを入手(2~3枚目の関連画像)。大麻は「野菜」、コカインを「自転車」という隠語で表現しているという。

06年のデビュー曲『Real Face』がミリオンセラーとなり、ドラマ『特急田中3号』(07年、TBS系)で主演も務めた田中容疑者。常軌を逸脱した言動で、芸能界とファンの信頼を失いつつある。

パーティで仮装しハシャぐ田中容疑者。17年ごろ撮影

 

田中容疑者が17年ごろに送っていた知人女性とのやり取り

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事