浜田省吾『悲しみは雪のように』と、歌い続けた反戦への想い | FRIDAYデジタル

浜田省吾『悲しみは雪のように』と、歌い続けた反戦への想い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

30年前のヒット曲をたどっていくこの連載。今回は浜田省吾です。

98年、野外コンサートで3万人を動員した浜田省吾(産経新聞社)

1992年の2月から3月あたりは浜田省吾の『悲しみは雪のように』が、テレビやラジオから流れまくり、そして、新しい娯楽として定着しつつあったカラオケボックスで歌われまくっていました。

売上枚数170.3万枚(オリコン)。それまでの浜田省吾の最大シングルヒットが79年の『風を感じて』で10.2万枚ですから、倍率何と17倍。パチンコで言えば「確変」状態です。

この連載で取り上げた他の大ヒット曲同様、この曲もタイアップの力が大きく加勢しました。40代後半以上の方なら説明不要、フジテレビのドラマ『愛という名のもとに』の主題歌。タイアップによる「確変」という「90年代あるある」。

脚本は野島伸司。彼が手掛けた『高校教師』(93年)の主題歌は『ぼくたちの失敗』(森田童子)、『ひとつ屋根の下』(93年)は『サボテンの花』(チューリップ。ただし主題歌は財津和夫によるリメイク版)、『未成年』(95年)はカーペンターズ――など、野島伸司作品において、過去の楽曲を主題歌にする流れの最初期のものになります。

もともとは浜田省吾のアルバム『愛の世代の前に』(81年)に収録されていた曲。そのリメイク版が、『愛という名のもとに』の主題歌に。ちなみに『愛という名のもとに』というドラマのタイトルも、同アルバム収録の同名曲からの引用。そういう意味で、このドラマは「浜田省吾色」がとても強かったのです。

内容は、山田太一脚本による80年代の名作ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の90年代版という感じ。大学のボート部から社会に出て、社会の歪みに直面した7人の仲間が、恩師の葬式で再会して……というもの。7人を演じるのは、鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介(ロン毛)、洞口依子、石橋保、中島宏海、中野英雄――。

野島伸司お得意の「社会派ドラマ」。パワハラや自然破壊や不法就労(ジャパゆきさん)などの社会問題に対して、バブル崩壊後の若者たちがどう立ち向かっていくか。これが、ドラマの本質的なテーマだったように思います。

しかし当時、登場人物と同世代の若手会社員だった私は、このドラマがどうにも苦手でした。「社会派ドラマ」として内容も濃厚過ぎるし、かつ、岡林信康が流れたり、ボブ・ディランの歌詞を読み上げたりという演出もまた濃厚。

あと、『悲しみは雪のように』という曲についても、アルバム『愛の世代の前に』に入っていた原曲より、重々しくリアレンジされていたことも苦手に感じて、このドラマをちゃんとは見ていなかったのです。

しかし、それでも、あのシーンはさすがに見ました――「チョロの自殺」。

「仲野大賀のお父さん」という説明が今やいちばんしっくりくる中野英雄が演じる「チョロ」というあだ名の証券会社員が、さまざまなトラブルに巻き込まれて、首吊り自殺するシーンです。「ドラマとしては苦手だったけど、あのシーンだけは憶えている」という方も多いはずです。

ボブ・ディラン『風に吹かれて』の和訳を、登場人物たちが朗読しながら並木道を歩くエンディングを迎えた最終回の視聴率は32.6%(ビデオリサーチ/関東)。こうして『愛という名のもとに』は、90年代を代表するドラマとなったのです。

「社会派ハマショー」が求められる時代がまた来てしまった

『悲しみは雪のように』が170万枚も売れたにもかかわらず、浜田省吾が「『悲しみは雪のように』(だけ)の人」にならなかったのは、それまでの蓄積と、そこからの活躍、つまりは彼の音楽的底力によって、だと思います。

個人的に浜田省吾といえば、何といっても『I am a father』(05年)です。タイトル通り「父親」の歌。歌い出しは

「♪額が床に付くくらい 頭を下げ毎日働いてる」

と、この日本のどこにでもいる「父親」の歌。この歌詞だけでも、個人的「ハマショー・フェイバリット」とするに十分なのですが、この曲の本領、浜田省吾の音楽的底力の結晶は、中間部にあります。

――♪子供が幼く尋ねる 「なぜ人は殺し合うの?」 抱き寄せ 命の儚さに熱くなる胸の奥…

なぜ突然こんなことを書いているかというと、無論、ロシアとウクライナで、きな臭いことが起きたからです。私は、世界できな臭いことが起きると、いつも浜田省吾の歌を思い出します。

「フジロックフェスティバルに政治を持ち込むな」という意見が盛り上がったこと(16年)を憶えている人は、今や数少ないかもしれません。私は当時、そんな意見、そんな論争をネット越しに見つめながら、「みんな、まずは浜田省吾をちゃんと聴けばいいのに」と思ったものです。

とろけるようなラブソングに併せて、戦争や原爆、環境問題、日米関係、経済格差のことを、果敢に、かつ辛辣に歌い続けてきたのが浜田省吾でした。

そんな彼の姿を見つめてきた私は、「政治を歌うのがロック」とは思いませんが、「政治”も”歌うのがロック」だと、強く思うのです。

「なぜ人は殺し合うの?」という子供の質問に答えられる親でありたい、少なくとも、そんな質問をしてくる子供に、聴かせる歌を持っている親でありたい。そう思わせる力が、『I am a father』には、浜田省吾の音楽にはある。

濃厚な「社会派ドラマ」を苦手に感じた私ですが、濃厚な「社会派ハマショー」がかなりの好物なのは、以上のような理由からなのでした。

「僕は単なる音楽家なので、社会的なことは歌いません」と断言する若い音楽家が、最近増えてきたように思います。だけど――「それは一体誰の思いどおりのことかな」(浜田省吾『悲しい夜』より)

  • スージー鈴木写真産経ビジュアル

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事