和久田、桑子…4月に大異動「NHKエース女子アナ」オーラ画像 | FRIDAYデジタル

和久田、桑子…4月に大異動「NHKエース女子アナ」オーラ画像

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2次会会場の前で友人と談笑する和久田アナ。隣にいる元駅伝選手の新郎は俳優の市原隼人似のイケメンだ。19年8月撮影

衝撃の発表だった。

NHKは、2月9日に4月からの番組改定と主な新キャスターを発表。エースの和久田麻由子アナ(33)が『ニュースウォッチ9』を降板し、担当番組がなくなることがわかったのだ。ネット上では「わくまゆロス」に嘆きの声が上がっている。

「今後は、特集番組の司会やナレーションを担当することになりそうです。何か問題があったワケではありません。和久田アナの仕切りは完璧で、アナウンス技術も高く、スタッフからの信頼も厚い。かつて同じく『ニュースウォッチ9』のキャスターを務めた井上あさひアナも、降板後、京都放送局へ異動。再び、東京アナウンス部に戻っていますからね。

少し休養をとってもらいたいという、NHKの意向もあるのでしょう。人気の高い和久田アナは、重要番組から引っ張りダコ。『ニュースウォッチ9』だけでなく、東京五輪特集や紅白歌合戦の司会など、出ずっぱりでしたから」(NHK関係者)

和久田アナは19年2月に結婚しているが、多忙からなかなか夫とくつろげる時間がとれなかったという。今後は、家庭を顧みる余裕もできそうだ。

「お相手は、早稲田大学競走部のスター選手でした。駅伝界きってのイケメンとして有名だっただけでなく、11年の箱根駅伝で『山の神』こと東洋大の柏原竜二とデッドヒートを演じ、早大の優勝に大きく貢献したんです。大学卒業後は5大商社に入社。和久田アナとは、社会人になってから友人を介して知り合ったそうです」(新郎の知人)

もう一人のエースは看板報道番組へ

桑子アナと小澤の自宅はクルマで5分の距離だった。デートの後小澤に自宅まで送ってもらうのがお決まりのパターン。21年1月撮影

もう一人のエース、桑子真帆アナ(34)は報道番組『クローズアップ現代』のキャスターに就任する。

「以前は国谷裕子さんがキャスターを務めていた、NHKの看板番組です。これまでは夜22時からの放送でしたが、ゴールデンタイムの19時30分からに時間を変更。NHKの期待の高さがわかるでしょう。桑子アナも、責任重大です。

桑子アナは、18年2月の平昌五輪で『開会式』を『閉会式』と言い間違えるなどお茶目なタイプ。和久田アナが能力の高さで評価される一方、人懐っこい雰囲気が視聴者に受けてきました。出演していたのも、『ブラタモリ』などバラエティ色の濃いものが多かった。今春から担当するのは、看板の報道番組です。桑子アナの、新しい一面が見えるかもしれません」(前出・NHK関係者)

看板番組への抜擢は、桑子アナの私生活も影響していると言われる。

「桑子アナは、昨年9月に俳優の小澤征悦さんと結婚。だいぶ生活も落ち着いたようですからね。桑子アナは、和久田アナとプライベートでも仲が良い。和久田アナが『ニュースウォッチ9』を離れることもあり、『私がやらなきゃ』と本人はヤル気十分なようです」(同前)

対照的な異動となった、NHKの2人のエース女子アナ。春からは心機一転、今ままでとは違う魅力で視聴者を和ませてくれるだろう。

鈴木奈穂子アナのマンションを出た和久田アナ(左)と桑子アナ。終始、会話は弾んでいる様子だった。19年9月撮影
NHKからランチに出かける和久田アナ。東大出身で容姿端麗とあり局内でも「エース」と評判だった
小澤のクルマを降り自宅へと向かう桑子アナ。19年1月撮影
箱根駅伝スターと結婚した和久田アナの”純白ウェディング姿”。2次会会場の前で友人と談笑
同僚・鈴木アナの自宅から帰宅する和久田アナ
  • 撮影西 圭介

Photo Gallery7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事