田中聖容疑者逮捕で警察が注目「芸能界にはびこる」名古屋ルート | FRIDAYデジタル

田中聖容疑者逮捕で警察が注目「芸能界にはびこる」名古屋ルート

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
薬物関連で2度目の逮捕となった元KAT-TUNの田中聖。前回は不起訴で逃げ切ったが…

元『KAT‐TUN』の田中聖容疑者が、名古屋市内のホテルで覚せい剤を所持したとして、2月24日に覚せい剤取締法違反の疑いで愛知県警に逮捕された。

田中容疑者といえば、’13年に「度重なるルール違反行為があった」として、ジャニーズ事務所をクビに。’17年5月には、渋谷区内の路上で大麻取締法違反により逮捕され、のちに不起訴となったこともあった。

「逮捕容疑は1月30日午後5時52分ごろ、名古屋市中区の宿泊施設内で覚醒剤約0・164グラムを所持した疑い。逮捕まで約1ヵ月要したのは、確実に田中容疑者のモノなのか裏取り捜査をするためでした。

逮捕後の尿検査では、陽性反応が出たと報じられた。最近までクスリを使用していたということでしょうね」(地方紙記者)

調べに対し田中容疑者は容疑を否認。

「弁護士と話すまで何も答えません」

と話しているという。

「’17年の大麻取締法違反のときも、車の中に乾燥大麻が発見されたものの、“自分の物ではない”と主張し逃げ切った。そのことがあるので、愛知県警としても慎重に捜査を重ねたみたいですね」(テレビ局関係者)

薬物の陽性反応が出ていることからも、逮捕のタイミングなども含め、入念に捜査がなされたことがうかがえる。さらなる入手経路解明へ、警察の並々ならぬ決意があるという。

「今回、愛知県警は警視庁と連絡を取り合いながら、田中容疑者の捜査を進めてきた。そこには、最近になって芸能界や都内のクラブ界隈などで出回っている“名古屋ルート”と呼ばれる薬物供給ルートの解明にあると言われています。

彼は音楽関係者やその界隈から入手したと見られていますが、愛知県警や警視庁はその上の供給元までたどり着くため、厳しい取調べを行っているようです。10年以上前から、警視庁では田中容疑者をマークしていたと言われていますから、今後、芋づる式に逮捕者が出るかもしれませんね」(前出・地方紙記者)

逮捕者が出るたびに言われる、芸能界の薬物汚染。世間の信頼を回復するためにも、そろそろ徹底的な浄化作戦が必要ではないだろうか――。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事