“鳴り物入り”久慈暁子アナがフジテレビを去る「意外な理由」 | FRIDAYデジタル

“鳴り物入り”久慈暁子アナがフジテレビを去る「意外な理由」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
4月いっぱいでフジテレビを離れることになった久慈暁子アナ

4月末にフジテレビを退社することになった久慈暁子アナ。そんな彼女が2月26日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ『鬼越トマホーク』の“ケンカ芸”で大泣きしたことが話題になっている。

久慈アナの番組卒業を記念した回の収録で、『鬼越トマホーク』が口論の最中、仲裁した久慈アナに

「うるせえなぁ! おまえがフジテレビ辞めたって1ミリも痛くねえんだよ!」

彼らの芸風そのまま、容赦ない言葉を浴びせた。するとスタジオ内には、ショックを受けた久慈アナの泣き声が響き渡ったのだ。

「『鬼越』を含め、さんまさんやその他の芸人さんたちはシャレのつもりでツッコんだのでしょうが、久慈アナには通用しなかった。本来ならカットしたのかもしれませんが、放送前にこのやりとりをさんまさんがラジオで話してしまったので、そのまま流すしかなかったのでしょうね」(スポーツ紙記者)

実際、ネット上には《かわいそう》《やりすぎ》と久慈アナを擁護する声もあれば、

《素人じゃないんだから泣いちゃダメでしょ》

《イジってもらったのに大泣きするなんてあり得ない》

など、厳しい意見も上がっている。

そんな姿を見たあるフジテレビ関係者は、

「久慈さんらしい」

と笑いながら続ける。

「女子アナの看板番組『クジパン』を入社1年目から担当するなど、鳴り物入りで入社した久慈さんですが、局の上層部のウケがあまり良くなかった。つまり“おじさんウケ”があんまり良くなかったということなんです。『鬼越』のネタをまともに考えちゃうくらい、真面目過ぎちゃったところがある。そういうところが、局の上の人たちには“面白くない”って思われちゃうんでしょうね。

こういう考え方は時代遅れだなと思いつつ、判断するのは上の人だから仕方がない面もある。アナウンス技術うんぬんとも言われていますが、下手な女子アナはウチにはいっぱいいますからね(笑)」

彼女が退職を決めた一因として、『めざましテレビ』のMCを後輩である井上清華アナに奪われたからと言われているが…。

「井上アナは石橋貴明さんも“大好き”と公言するほど、まさに“オヤジうけ”がピカイチ。上層部も彼女にメロメロですよ。

そういう意味では、フジほど女子アナが上層部に気に入られるか否かで将来が決まってしまう局はない…と見る人もいるでしょう。久慈さんにはフリーになって、のびのびと活躍してほしいですね」(前出・フジテレビ関係者)

後輩の渡邊渚アナが『鬼越』と絡んだ際、久慈アナを号泣させたことをネタに

「一回女子アナ泣かせたくらいでビビッてんじゃねえよ」

と、うまく突っ込んで笑いに変えていた。

次々と“オヤジキラー”の女子アナたちが育っているフジテレビ。久慈アナには古巣を見返すくらい、活躍してほしいものだ――。

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事