同居女性に売春強要600回…洗脳夫婦「上納金」の呆れた使い道 | FRIDAYデジタル

同居女性に売春強要600回…洗脳夫婦「上納金」の呆れた使い道

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
送検される嵩原優力容疑者。シングルマザーに売春を強要した疑いが持たれている

「カネがないなら身体で稼げ」

夫婦は同居するシングルマザーに、こう言って売春を強要。多額の「上納金」を納めさせ、2人で豪遊していたという――。

2月28日、警視庁保安課は東京都板橋区に住む防水工・嵩原優力(たけはら・ゆうき)容疑者(29)と妻ゆき乃容疑者(33)を、売春防止法違反(管理売春)の疑いで逮捕した。自宅アパートに一緒に住む26歳女性Aさんを、派遣型風俗店で働かせたり、池袋や鶯谷の路上に立たせ男性に声をかけさせていたとされる。

「Aさんと嵩原夫婦が知り合ったキッカケは、動画交流サイトです。夫婦はシングルマザーのAさんの育児相談に乗り、『働いている間はお子さんを預かるよ』『行くところがないならウチに住めば』と勧誘。同居を始めたのは、18年11月からでした。Aさんの3歳の子どもも一緒です。

当初Aさんは、近隣のキャバクラ店で働きながら夫婦と共同生活をしていました。しばらくすると、夫婦はAさんに家賃を要求。アパートの家賃は数万円でしたが、要求額は12万円、17万円、30万円、40万円とどんどん上がっていったそうです。Aさんが払えなくなると、夫婦は『身体で稼げ』と売春を強要するようになったとみられています」(全国紙社会部記者)

2年間で1100万円

板橋区内の都営アパートに住んでいた嵩原容疑者

調べによると、Aさんが売春を強要されていたのは19年7月から21年11月の約2年間。わかっているだけでも、売春の回数は600回近くにのぼる。Aさんの証言によると1100万円以上を稼いだが、その大半を「生活費」の名目で夫婦が受け取っていたという。

「夫婦は『アパートを出たら生きていけないだろう』『子どもの面倒をみているのはオレたちだ』などと言って、Aさんが拒否できないように洗脳していたようです。売春で多額のカネを得ても、Aさんに渡すのは小銭だけ。食事も満足に与えていなかったとか。

売春で得た多額の『上納金』の使い道を聞くと、呆れてしまいます。自分たちの結婚披露宴代、ブランド品や高級車の購入、ローンの返済などにあてていたそうです。警察の調べに対し、夫婦は容疑を否認。優力容疑者の供述は『本人が自発的に売春していただけ』。ゆき乃容疑者は、『売春していたのは知っていたが強要はしていない』と話しています」(同前)

Aさんは知人からのアドバイスを受け、21年11月に「居候している部屋の住人に売春させられた」と板橋警察署に相談。事件が発覚した。元神奈川県警刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。

「洗脳されたAさんは、冷静な判断ができなくなっていたのでしょう。要求額が吊り上がり自身の能力で払えなくなれば、たとえ子どもの面倒をみてもらっていても通常はおかしいと感じるはずです。今回は相談できる知人がいたので、夫婦の犯行が明るみになった。孤立無援の状態で洗脳されれば、表に出ないケースも考えられます」

Aさんと3歳の子どもは、警察に保護され施設で生活している。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事