高岡早紀「フジテレビ昼の新番組」抜擢のウラに波乱万丈な生き様 | FRIDAYデジタル

高岡早紀「フジテレビ昼の新番組」抜擢のウラに波乱万丈な生き様

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
4月から始まるフジテレビ昼の新番組『ポップUP!』でコメンテーターに抜擢された高岡早紀。初めての体験に気合十分だ

フジテレビのお昼の情報番組『バイキングMORE』の後番組として4月から始まる情報バラエティ番組『ポップUP!』。金曜日レギュラーには、女優の高岡早紀が起用されることが発表された。

高岡はフジテレビを通じて、

「15歳でデビューして以来、紆余曲折ありましたが、女優としても、3人の子の母親としても、自分なりの人生を試行錯誤して歩んできました。50歳を目前に”50の手習い“と言っていいのか分かりませんが、一度も経験のない情報番組のレギュラーのお話を頂き、挑戦してみることにしました」

と、コメント。ちなみに、月曜レギュラーは佐藤仁美、火曜がアンミカと福田麻貴(3時のヒロイン)、木曜が小倉優子と、情報番組にはお馴染みの顔ぶれとなっており、高岡の起用はかなり意外な感じだ。

日本を代表する女優であり、「一度も経験のない」高岡がなぜ選ばれたのだろうか…。

一部報道では、高岡がストーカー役で主演した‘19年のドラマ『リカ』が好評で、‘22年には続編が放送されたことで“フジルート”ができ、『ポップUP!』の出演を強く打診されたとある。

「もちろんそれもありますが、一番の理由は彼女のコメントにもあるように、15歳で芸能界デビューしてからというもの、高岡さんの人生が紆余曲折そのものだからでしょう。その経験は必ずコメントに生かされるはず。

コメンテーターの経験が一度もないとはいえ、時折、バラエティ番組に出た時の歯に衣着せない発言には説得力がありますからね。番組のターゲットである高岡さんと同世代の主婦層からは、多くの共感を得られると確信しています」(フジテレビ関係者)

高岡は、俳優・保坂尚輝との間に2男を得るも‘04年に離婚。‘09年から内縁関係にあった男性との間に1女を得るが、この男性が高岡の母親名義で会社を設立した上、倒産させて1億円近いお金を持ち逃げして失踪(その後、別件の詐欺容疑で逮捕)したことも。

負債は高岡が肩代わりしたという。シングルマザーの家庭に育ち、現在も母親と子供の3世代同居で、今も一家の大黒柱として家庭を支えている。

「紆余曲折どころか大嵐の中を突っ走ってきたような波乱万丈な人生ですが、彼女は所帯染みるどころか、歳を重ねるごとに妖艶さが増しています。日々更新されるインスタでは、子供のお弁当からドラマのロケ風景、色気たっぷりの全身ショットなど余すところなく披露し、約29万人のフォロワーがいます。

その姿はとても力強く、肝っ玉母さんのようであり、アラフィフ女性のアイコンのようでもある。そんな彼女がどんなコメントをしてくれるのか、楽しみにしている視聴者は多いはずですよ」(バラエティ番組関係者)

アンミカは「貧乏エピソード」がテッパンとなり、バラエティ番組で大成功を収めた。果たして高岡はどんなエピソードを披露してくれるのだろうか…。

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事