R-1王者お見送り芸人しんいちが明かす「世話になった先輩の話」 | FRIDAYデジタル

R-1王者お見送り芸人しんいちが明かす「世話になった先輩の話」

ラストイヤーでの涙の『R-1』制覇 遠回り人生を支えた「5人の恩人」 昭和の芸人に憧れ、自宅を持たずに女友達や彼女の家を転々 コンビ解散や活動休止を経て、毒舌を美声で歌い上げるスタイルに到達

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
本誌直撃にポーズを決めるしんいち。芸人以外に山崎まさよしや『スキマスイッチ』の常田真太郎などミュージシャンにも友人が多い

「優勝できなければ芸人辞めてましたね。バイト先への就職を考えていました」

美しい声で毒のある歌詞を歌い上げて『R-1グランプリ2022』優勝を勝ち取ったお見送り芸人しんいち(36)は、FRIDAYの直撃に遠い目をした。

芸歴10年目、ラストイヤーでの栄冠。かつて所属事務所すら決まらず、もがいていた男が、大逆転Vまでの日々を振り返った。

「事務所の先輩の『サンドウィッチマン』のお二人に、最後までネタ作りを手伝ってくれた永野さん(47)。金銭的にも援助してくれた両親。優勝したとき真っ先に思い浮かんだのがこの5人の顔でした」

優勝決定直後に号泣。「自分一人では王者は取れなかった」と感謝の言葉が溢れた。

「全然売れてなかったので、とにかくお金がなかった。一番お世話になったのが『サンドウィッチマン』さんです。食事を奢(おご)ってくれるだけでなく、正月にはお年玉を1万円いただき、何かにつけて服を買ってもらったり、至れり尽くせりで……。芸名は伊達(みきお・47)さんにつけていただきました。劇場で最後までお客さんにお辞儀をして『お見送り』する姿から着想したそうです。富澤(たけし・47)さんが『ギターを持て!』『得意の歌で勝負だ』と叱汰してくださったから、いまの芸風を確立できました」

ネタの相談をしたのが永野だった。

「永野さんは’13年、事務所に所属した当初から面識はありましたが、芸に厳しい方なので、当時は僕のことを『先輩の腰巾着で、芸に不真面目』くらいの印象で、好きじゃなかったと思います。それが、僕が必死に舞台に立ち続けているうちに、見てくれていたんですかね、『一緒にライブに出ないか?』と誘って下さった。去年の5月のことです。

それからネタの相談に乗ってもらうようになりました。『R-1』の決勝前も『毒舌ネタは尖り過ぎたら引かれる』と、『カープ女子公言しているのに、始球式に呼ばれない加藤紗里』というネタは外そうなどと、具体的にアドバイスをくださいました。助かりましたね」

一念発起させた両親の一言

しんいちは「何度も遠回りをした」と自身の芸歴を振り返る。大学卒業後の’09年、松竹芸能からコンビでデビューするが2年で解散。その後は事務所のオーディションすら通らない日々が続いた。「昭和芸人に憧れている」と嘯(うそぶ)いて住まいを持たず、ギター片手に女友達や彼女の家を渡り歩く日々。2年半もの間、全く芸人として活動しなかった。そんな中、現在のマネージャーと出会い、拾われたのだが、現実は厳しかった。

「事務所のライブでは10ヵ月連続で最下位。『面白くないし、なんか腹も立つ』と批判されました。その悔しさから、日々の気づきや怒りをノートに書き殴るようになったんです。もともと『いい顔しい』で嫌味なんて言ったことなかったんですが、ライブで毒舌を披露したらウケた。いまの芸風の原点です」

両親は芸人として生きることに反対だったが、黙って仕送りをしてくれた。そんな両親に言われた一言で、しんいちは一念発起した。

「学費や借金を含めれば軽く1000万円超は支援してもらった。ウチの実家は借金を抱えながらも大阪で小さな工場をやっているんですが、3年前に帰省した際に『芸人がダメだったときのために工場は売らずに残しとくからね』と言われて、ハッとしました。『なんだかんだずっと支えてくれた親に、オレはここまで言わせるのか』って。それで僕の中で火がついた。何としてでも売れて、少しでも家族を楽にすると誓った」

一心不乱に芸に打ち込み、見事掴み取った『R-1』王者。しかし、微塵も慢心はないという。

「仲間や家族に散々お世話になってきた。だからこれからは、めちゃくちゃ稼いで恩返しをしていきたい。決勝戦の後、伊達さんと富澤さんから『これからだぞ』と念を押されました。改めて『絶対に売れるぞ』と、気合が入りましたね」

遠回りをしたぶん、たくさんの出会いに恵まれた。お見送り芸人として真価を問われるのはこれからだ。

テレビ出演や取材が殺到し、寝る暇もなかったというが、終始笑顔。最後は記者を〝お見送り〟してくれた
本誌未掲載カット 『R-1グランプリ2022』優勝 お見送り芸人しんいちを支えた「5人の恩人」
本誌未掲載カット 『R-1グランプリ2022』優勝 お見送り芸人しんいちを支えた「5人の恩人」
本誌未掲載カット 『R-1グランプリ2022』優勝 お見送り芸人しんいちを支えた「5人の恩人」
本誌未掲載カット 『R-1グランプリ2022』優勝 お見送り芸人しんいちを支えた「5人の恩人」

『FRIDAY』2022年3月25日号より

  • PHOTO結束武郎

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事