水面下でウクライナを守る米英「特殊部隊」そのスゴい実力 | FRIDAYデジタル

水面下でウクライナを守る米英「特殊部隊」そのスゴい実力

プーチンウォッチャー/軍事ジャーナリスト・黒井文太郎レポート

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ウクライナ軍の「強さ」の理由は…。キエフで「わたしはここにいる」と国民を鼓舞するゼレンスキー大統領。写真提供:Ukrainian Presidential Press Service/ロイター/アフロ

ゼレンスキー大統領を守れ!

ロシア軍による首都キエフへの包囲作戦が本格化しつつあるなか、国民を鼓舞するゼレンスキー大統領を守るために、米英の情報機関と特殊部隊のチームが編成され、ウクライナ国内で動いている。この精鋭チームが、いざという時にウクライナ政府要人をキエフから脱出させるルートを確保したと報じられた。

報じたのは主にイギリスのタブロイド各紙で、現時点で具体的な情報の信憑性は不明だが、こうした情報は正規のルートで公表されることは「ほぼない」。ウラがとれていない話なので誇張はあるかもしれないが、米英のインテリジェンス機関がウクライナ政府にコミットしていることは間違いなく、こうした工作が水面下で進められていることは事実と思われる。

米英の精鋭部隊がウクライナ軍へ助言

時事通信が「英情報筋による情報」として報じたところによると、米英のチームが現地入りしたのは昨年2021年で、同年12 月には基本計画を策定したという。現在、ゼレンスキー大統領の身辺警備に英陸軍の特殊部隊「SAS」(特殊空挺部隊)が協力しているとのことだが、おそらくウクライナ政府の警備に助言しているのではないかと推測される。

興味深いのは、同記事によると米英混成チームは3班に分かれており、大統領警護だけでなく、ウクライナ軍への助言も行っているということだ。おそらく米英のインテリジェンス情報が提供され、作戦に大きく関与しているものとみられる。NATO諸国からの支援武器の搬入の実務と、ウクライナ政府による情報発信、つまり心理戦に関しても部分的に助言している可能性がある。

また、英タブロイド各紙によると、ゼレンスキー大統領の脱出作戦にあたる「本隊」となる「SAS」70人と米海軍特殊部隊「SEALS」150人が、いずれかのNATO加盟国の基地で脱出作戦の訓練を行っており、ウクライナ部隊将校も参加しているとのことだが、この情報の信憑性は現時点では不明だ。

キエフ猛攻撃の最中に

いずれにせよ、ゼレンスキー大統領とウクライナ政府幹部のキエフ脱出があるとすれば、ロシア軍による猛攻撃の真っただ中ということになる。しかも、そのときは、おそらくロシア軍特殊部隊がゼレンスキー大統領殺害もしくは拉致に乗り出してくるはずだ。

そんな中での脱出作戦はきわめて危険なミッションとなる。ロシア軍の動きに関する米英のリアルタイムなインテリジェンス情報は不可欠であり、米英の最精鋭の要員が投入されることになるだろう。

もっとも、米英によるインテリジェンス分野の工作はすでにかなりのレベルで実施されてきた。戦力で優るロシア軍の攻撃に対し、ウクライナ軍が意外な善戦を続けているが、それには米英による情報面での協力がかなり大きく作用していることは疑いない。

NATOは、ロシアとの戦争を避けるために、直接的なウクライナ防衛に動けないが、その代わりに水面下での秘密活動を行っている。こうした活動は、本来は秘密にしておくものだが、今回はメディアにリークしてオープンにすることで、NATOとくに米英に「ウクライナを守る」意思が強いことを示す狙いがあるとみられる。もっともロシア側も、もともとこの程度のことは知っていただろうから、情報公開そのものはさほど大きなインパクトがあるというものでもない。

秘密活動の実行部隊

その秘密活動を行っている米英だが、米CIAがその指揮をとっており、英MI6(※通称。正式にはSIS)がサポートしているものと思われる。このような紛争対処では、米主導で米英の情報機関が連携するのは常のことだ。

こうした作戦では通常、CIA「作戦本部欧州部」のロシア・ウクライナ担当の工作員が指揮官として主導し、CIA準軍事部門「特別活動センター」所属の元特殊部隊員がサポートにあたる。そこに英MI6、米英の特殊部隊が協力するというのが基本型になる。秘匿性の高い任務の場合、特殊部隊は米軍では統合特殊作戦コマンド指揮下の陸軍「デルタフォース」や海軍「SEALチーム6」が投入され、英軍からは陸軍「SAS」や海兵隊「SBS」(特殊舟艇部隊)が投入される。

今回、ゼレンスキー大統領の警護任務に英陸軍のSASが投入されているらしいと報じられたが、SASは米英の戦闘地域での特殊任務にはしばしば投入される部隊で、古くはソ連アフガニスタン侵攻、あるいは湾岸戦争、イラク戦争などでも米英共同作戦の非公式特殊作戦に投入されている。

スパイ活動の活動拠点

今回の活動はウクライナ国内なので、こうした特殊作戦は米欧州軍特殊作戦コマンド(ドイツのシュトゥットガルト)が本部となる。が、現時点ではインテリジェンス分野でのウクライナ支援が主なので、米欧州軍欧州統合情報作戦センター分析センター(イギリスのモールズワース英空軍基地)の役割が大きいと推測される。

同センターでは偵察衛星、偵察機、早期警戒管制機、地上レーダー、通信傍受情報などの米軍の各種センサーの情報を融合し、ロシア軍の動向をリアルタイムで詳細に分析している。なお、このセンターを運営しているのは米国防総省の情報機関「DIA」(国防情報局)で、その専門的な軍事情報をウクライナ軍に伝えるため、DIAもしくは関連の米軍情報部隊の連絡官がウクライナ軍司令部に派遣されている可能性は高い。また、DIA内にも諜報活動部門「国防秘密活動部」があり、独自に対ロシアのスパイ活動を行っている。

他方、CIAのほうはもともと在キエフ米国大使館内のCIAウクライナ支部が前線本部だったが、非公開の秘密拠点がウクライナ国内にいくつもあり、そのいずれかが現在の活動拠点になっているはずである。

こうしたウクライナ政府に対する米英の水面下の支援というのは、じつは2014年のクリミア侵攻・併合の頃から続いている。情報機関はウクライナの情報機関「ウクライナ保安局」(SBU)「対外情報局」(SZR)「国防情報局(GUR)」への協力、特殊部隊はウクライナ軍の訓練指導などを行ってきた。それが2021年、ロシア軍のウクライナ国境への展開に対し、大幅に強化されたかたちだ。

その間、かなり長い時間があったので、各種シミュレーションはすでに綿密に行われ、計画は念入りに練られているものと思われる。なお、ウクライナの現場では米英の共同活動だが、情報そのものはそれ以外のNATO諸国からの情報も、ドイツにあるNATO早期警戒管制機部隊からを筆頭に、かなり入っているはずである。

ウクライナの「予想以上」といわれる善戦の背景には、こういった「力」も働いているのだ。引き続き注視したい。

  • 取材・文黒井文太郎写真提供Ukrainian Presidential Press Service/ロイター/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事