宮崎・高千穂6人殺人事件 家族皆殺しの凄絶夫婦ゲンカの原因は?

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
宮崎県高千穂町の殺害現場。家の前にはブルーシートがかけられ、連日多くの警察官が出入りしている

「本件は計画性のない突発的な犯行に見えます。複数人を殺害する場合、普通なら事前に凶器をいくつか用意する。しかし、今回は現場調達した鉈(なた)で殺害しています。おばあちゃんだけ庭で殺されているのは、異変に気づいて逃げようとしたのではないか。首を切断しているので、相当強い殺意を持っていたはずです」(犯罪ジャーナリストの小川泰平氏)

惨劇は、日本神話の舞台としても知られる、宮崎県高千穂町の山あいの集落で起きた。

11月26日、通報で駆けつけた警察官の前には、血の海が広がっていた。飯干保生(やすお)さん(72)宅で、一家が”全滅”。保生さんの他、妻の実穂子さん(66)、次男の妻・美紀子さん(41)、その長男の拓海さん(21)、長女の唯さん(7)が死亡。さらに、次男の知人である松岡史晃さん(44)も殺害されていた。

凶行から逃れようとしていたのか、実穂子さんの遺体は庭で発見されたが、鉈で激しく斬りつけられた首は、胴体から切り離された状態だったという。

事件の焦点は、民家から約2.5km離れた神都高千穂大橋から飛び降り自殺をしたと見られる、次男・昌大(まさひろ)さん(42)の動向だ。家族と知人を皆殺しにした後、昌大さんは自殺したのではないか――。そんな疑いが浮上している。

実は前日の25日、昌大さんは妻の美紀子さんとひどい夫婦ゲンカをしていたという。

「25日午後まで娘を連れて社員旅行に仲良く参加していたのに、帰宅してから昌大さんの女性トラブルがもとで大ゲンカが始まったようです。収拾がつかず、知人の松岡史晃さんが仲裁役で呼び出され、そのまま事件に巻き込まれた。昌大さんの関与が疑われますが、小学2年生の愛娘まで手にかけたとしたら、動機は何だったのか」(全国紙社会部記者)

昌大さんが勤務していた建設資材会社の社長はこう語る。

「昌大さんは、長女の唯ちゃんが生まれた7年前に地元宮崎に戻ってきて、その頃からトラックの運転手として働いていました。普段から寡黙で、イジられると黙ってしまうタイプ。事件の予兆は感じられませんでしたが、何か溜め込んでいたものが爆発したのかもしれません」

いずれにしても、一家を皆殺しにするほどの殺意は尋常ではない。精神科医の和田秀樹氏は、むごたらしい事件を起こした犯人の精神状態をこう分析する。

「相当強烈な怨恨を持っていたはずです。度を越した怨恨の場合、実際は何らかの被害妄想だった可能性もある。たとえば女性トラブルがもとで妻を逆恨みし、相手を殺さねばならないと思いこんでしまう。それが、怨恨の対象者だけでなく、周りの人間も殺害してしまう『拡大殺人』に発展することがあります。仮に家族の誰かが犯人だとしたら、子供まで殺すのは、『殺人者の子供として生きるのは辛いだろう』という思いか、家族全員がグルになっていると妄想してしまっているか、のどちらかの可能性が大きいと考えられます」

捜査はまだ始まったばかり。事件の真相が明らかにならない限り、殺されてしまった子供たちがうかばれない。

被害者の一人、昌大さんの長男・拓海さん
7歳の長女唯さんには絞殺の痕が見つかった
夫婦ゲンカの末に自殺したと見られる昌大さん
  • 撮影濱﨑慎治写真Facebookより(拓海さん)、高千穂町広報誌より(唯さん)

Photo Gallary4

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事