「これからはもっと“クソガキ”に」岡田結実が晴れ着で飛躍の誓い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
左から、是永瞳、川瀬莉子、井本彩花、吉本実憂、岡田結実、髙橋ひかる、小芝風花、本田望結、玉田志織、宮本茉由、藤田ニコル

岡田結実(18)、髙橋ひかる(17)、藤田ニコル(20)ら大手芸能事務所・オスカープロモーションに所属する若手女優11人が12月4日、東京・元赤坂の明治記念館で晴れ着撮影会を開き、来年への抱負を語った。

オスカープロモーションによる「晴れ着撮影会」は、毎年開催されており、冬の風物詩的な存在。過去には武井咲、河北麻友子、忽那汐里、剛力彩芽らも参加し、さらなる飛躍へ弾みをつけた伝統のイベントだ。

岡田圭右の娘として知られる岡田結実は来年1月から連続ドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日)に主演。第14回全日本国民的美少女コンテストグランプリの髙橋ひかるは今年7月放送の『高嶺の花』(日本テレビ)で民放ドラマデビュー。藤田は自分でプロデュースするアパレルブランド「NiCORON(ニコロン)」を展開するなど勢いを見せている。

岡田結実は、出川哲朗とのやり取りを紹介

岡田結実は「全部ひっくるめて1年楽しく終われたなと思います」と、充実の表情を見せた。さらに、「先日、ずっとお世話になっていた、出川哲朗さんに『ユーはクソガキだから』と言われたんです。正直、今までちょっとかしこまった岡田結実がいたんですけど、これからはもっと“クソガキ”な岡田結実で行こうと思います」と、これまで以上に活発に活動していくことを伺わせた。

髙橋ひかるは、「2018年はすごく濃い年だったなって感じています」と語る。だが、「やりたいことはたくさんあったんですけど、自分の行動が追いついていないので、2019年はもっともっと意欲的に臨んでいきたいと思っています」と、さらに高みを目指していくことを誓う。

藤田は、「2018年の二十歳の年はやりたいことをやり尽くしました」と、悔いが残ることはなかったという。自身プロデュースのブランド「NiCORON」の立ち上げについては、「気合が入ったんじゃないかと思います。何でもかんでもやってきたので、来年はやってきたことをうまく積み重ねていきたいなと思います」と、今後へ思いを馳せた。

そんな中、本田望結(14)は、フィギュアスケートにも挑戦していることもあり、「2018年はスケートばかりの年で『スケートの本田望結』でした。全日本選手権に行くことができ、その結果は悔しいものでしたが、スケートを遊びでやっているわけじゃない、スケーターとして認めてもらえるような試合ができたと思います」と、フィギュアスケーターとしての自分をアピール。「来年は新しい自分で。そして、全日本選手権に出場できるように頑張りたいと思いますし、姉(本田真凜)と戦えるように頑張ります」と、意気込んだ。

このほか、小芝風花(21)、吉本実憂(21)、是永瞳(23)、井本彩花(15)、宮本茉由(23)、玉田志織(16)、川瀬莉子(21)が来年の抱負を語った。お披露目会は、夢に向かって日々、努力を重ねる彼女たちが、2019年に向け大きく羽ばたく弾みになったことだろう。

下のギャラリーをクリックすると参加者の写真が見られます。

Photo Gallary13

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事