本塁打0…ヤセても低迷の日ハム清宮「新庄監督のシビアな決断」 | FRIDAYデジタル

本塁打0…ヤセても低迷の日ハム清宮「新庄監督のシビアな決断」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
選択肢を広げるため外野にも挑戦している清宮。守備も課題の一つだ(画像:時事通信社)

惨めな交代と言わざるをえない。

3月19日に行われたDeNAとのオープン戦。日本ハムは新庄剛志監督の計らいで、ファンからの人気得票数順に1番から打順を決定。清宮幸太郎(22)は「2番・一塁」での出場となった。だが……。

「2打席連続の空振り三振に倒れたんです。まったくタイミングが合わず、体勢が完全に崩れていた。新庄監督は、たまらず3回終了時点で清宮をベンチに下げました。試合終了後に新庄監督は、交代理由を報道陣へ次のように語っています。『あの迷っているスイングをベンチから見ると、ズルズルと、なんか吸い込まれそうになる。ちょっとね……』と」(球団関係者)

オープン戦での清宮は、打率2割と調子が上がる気配がない(3月22日現在、以下同)。本塁打、打点ともに0。昨年、主砲の中田翔が巨人へ移籍し3年連続5位に低迷する日ハムにとって、長打力のある清宮の覚醒は巻き返しへの絶対条件だ。新庄監督も、悩ましいところだろう。

「DeNA戦翌日の20日には、稲葉篤紀GMとともに30分以上にわたり清宮を直接指導しています。『ニュー清宮でいこうか』と。『(前に突っ込んでいるから)力が入らないよって。(手だけで)細工するとどうしても、こういう(手首でこねるような)スイングが増えてくる』と、アドバイスしたそうです」(同前)

どんなアドバイスをしても……

新庄監督の「親心」の表れは、今回に限ったことではない。昨秋のキャンプでは、体重100kg以上の清宮に対し『ちょっとデブじゃねぇ? ヤセたほうがモテるよ』とアドバイス。2月に行われた中日との練習試合前には、清宮と同じ左打者の敵将・立浪和義監督へ自ら頭を下げ指導を求めたのだ。

「清宮は高校通算、史上最多の111本塁打を放った甲子園のスター打者です。日ハムのフロントは、『球団の顔』として1軍で使って欲しい意向だと思います。新庄監督としてもフロントの考えに沿いたいのでしょうが、清宮の実績がともなわない。どんなアドバイスをしても結果が出ないので、頭を抱えているのでしょう」(スポーツ紙担当記者)

当の清宮には、緊迫感がイマイチ足りないようだ。

「本人に、まったく焦りがないワケではありません。立浪監督だけでなく、ソフトバンクの『トリプル3(3割、30本塁打、30盗塁)』柳田悠岐やチームメイトの近藤健介など、同じ左の好打者から熱心にアドバイスを求めていますから。

ただ、はたから見るとまだまだ真剣味が薄い。新庄監督のアドバイス通り10kg近いダイエットに成功すると、こんな発言をしました。『動きやすいですし疲れない。(今季本塁打の)目標は30本です』と。この慢心したようなコメントはいただけません。2ケタ本塁打を一度も打ったことがないのに何を言っているんだと、チームメイトも冷めた反応でした」(同前)

「球団の顔」になるべき清宮とはいえ、低迷したままでは他の選手を差し置いて使い続けるワケにはいかない。新庄監督にも、決断が求められる。

「パフォーマンスが目立つ新庄監督ですが、周囲を見る目はかなりシビアです。コーチ陣とのスタッフ会議では、こうハッパをかけています。『結果が出なければ、皆さんは1年でクビになってください』と。練習中に稲田直人・内野守備走塁コーチがノックに失敗すると、手厳しい言葉をかけました。『そりゃ(現役時代に)レギュラー取れんわ。プレッシャーに弱い』と。

清宮にとっては、背水のシーズンでしょう。厳しい通告をされてもおかしくありません。昨季は1軍出場が1試合もありませんでしたが、このままでは2軍への再降格は十分ありうる。最終的には、戦力外通告の危機にあることを認識すべきです」(同前)

甲子園のスターもプロ入り4年目。もう、人気だけでは試合に出られない。清宮の、土俵際の戦いは続く。

  • 写真時事通信社

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事