市川海老蔵“パパ活”多重交際より歌舞伎界が怒る「まん防」無視 | FRIDAYデジタル

市川海老蔵“パパ活”多重交際より歌舞伎界が怒る「まん防」無視

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
数々の女性との”多重交際”が報じられた市川海老蔵。勸玄くんと自転車に乗るなど、家族思いの一面もあるが…

「300万円。皆様から頂いたお金を寄付しました」

3月19日、市川海老蔵が動画アプリ『TikTok』で一般ユーザーから集まったギフト(投げ銭)300万円を全額、自然環境保護などの団体に寄付したことを明かした。この4日後、海老蔵は複数の女性への“SNSナンパ”を『女性セブン』に報じられることになる。

https://www.news-postseven.com/archives/20220324_1738066.html?DETAIL

記事によると、海老蔵はインスタグラムやTikTokなどのDM(ダイレクトメール)機能を使い、一般女性やインフルエンサーを度々誘って会っていたという。いわゆる“SNSナンパ”を繰り返しているというのだ。

これまでも多くの芸人や俳優などがSNSナンパを駆使してきたが、まさか歌舞伎界の大名跡である次期“團十郎”の海老蔵までもがこのような手を使うとは…。

「海老蔵さんは昨年10月にも地方で複数の女性と密会する様子が報じられた。その際には屋外で札束を手渡しする姿まで激写されていました。

今回は“まん延防止等重点措置”の中、女性と密会する姿や、ホテルでお金を渡して男女の関係になるなどA~Dという4人の女性が登場。44歳の海老蔵さんですが、お相手は主に20代という“モテ男”ぶりを見せつけてくれましたね」(スポーツ紙記者)

事務所はプライベートに関知しないとしているが“まん防”の中の外出については猛省を促すとした。さらにSNSで一般ユーザーから集まったお金に関しては《全額寄付するように本人と相談する》と回答。それが冒頭の募金だとすれば、女性セブンからの問い合わせがあったため、慌てて寄付をした可能性も浮かんでくる。

「SNSでファンからお金を集めておいた裏で、好みのタイプにはDMでナンパをしかけて“まん防”の中でも密会している。その後ろめたさの贖罪として、寄付という行動に出た…と捉えられても仕方ありませんよね。

もちろん海老蔵さんは独身ですし、複数の女性と浮名を流そうが問題はないかもしれません。しかし記事を読んで“ずる賢いな”と思ったのは、女性に対し“僕にお願いがある?”とか“僕と何がしたいの?”などと女性に主導権を持たせているようにしていることです。あとで無理やり関係を持ったと言われないようにしているところを見れば遊び慣れているなと感じますね」(女性誌記者)

「麻央がいなくなってさみしいんだ」

と女性の前で漏らしたという海老蔵。次なる梨園の妻を探しているのか、それとも“芸の肥やし”なのかもしれないが…。

「海老蔵さんは自身のスキャンダルについてブログやSNSでも一切触れていないですが、女性との交際に関しては梨園の風習として、関係者もご贔屓筋も大目に見てくれるでしょう。ですが、“まん防”無視に関してはそうはいかない。

コロナ禍で舞台を続けるため、演者も観客も一体となって感染対策をしてきた。それでも、感染者が出て、泣く泣く舞台を中止にしなければならないこともありました。今回の記事を見て、他の役者さんや関係者からは“何やってんだよ”っていう声は多いですよ。成田屋という大看板だからといって甘やかすのではなく、勧進元の松竹は“まん防”無視については、きちんと対応すべきだと思いますけどね」(梨園関係者)

若い頃は楽屋の風呂場でケガしたり、西麻布で暴行事件に巻き込まれたりとやんちゃな面が多かった海老蔵。2人の子どもの父親としても、もう少し落ち着いて“芸”を磨くべきではないだろうか――。

  • PHOTO原 一平

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事