これぞ手のひら返し…安倍元首相の恥ずかしすぎるゼレンスキー対応 | FRIDAYデジタル

これぞ手のひら返し…安倍元首相の恥ずかしすぎるゼレンスキー対応

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「ウラジーミル」と同じ夢をみていた「シンゾー」。3月1日、衆院本会議で「ロシア非難決議を採択」の際の表情からうかがえるのは…  写真:つのだよしお/アフロ

「日本はウクライナ国民と共にある」

こう投稿した安倍晋三元首相のツイートが炎上した。「ウラジーミル」との蜜月はどこにいったのか、媚プーチン外交の責任を、と、手厳しい批判が殺到したのだ。Yahoo検索の「感情割合」では、ポジティブ5%に対して、ネガティブ95%と惨憺たる反響であった。

「安倍晋三という人は、どこまでも自分本位の『俺様』なんです。2014年、ロシアがクリミア半島を併合という蛮行を行なっているさなかに、プーチン大統領と、地元・山口県長門市で3時間も会談をしていました。そんな過去に蓋をして、今回のツイートも『俺様』目線。まったく空気が読めていません」(政治記者)

安倍元首相は当時、北方領土問題を解決し、両国の敵対関係を解消し、そして目指すゴールの「平和条約」で、「歴史に残る総理大臣」を目指していた。

「ウラジーミルと私の代で、両国間の問題を解決するという方向でコンセンサスが一致した」

2014年の日露首脳会談は、安倍元首相の選挙区である山口県長門市で行われた。会場は、長門五名湯の1つ「大谷山荘」。温泉に浸かり、3時間を超える首脳会談のうち1時間半を費やしたのは、平和条約「交渉」だった。

安倍政権最大の功績となるはずだったロシア外交。だが、結局、条約も領土も進展ないまま交渉は決裂、「血税をドブに捨てる」結果となった。27回もの首脳会談は日本外交史の汚点となった。

政治家としてその過去は恥、せめてひっそり「わきまえた」言動をするのかと思いきや、一転、ゼレンスキー大統領と仲良しなんです!と、2019年の握手写真を公開した。そのツイートに大きな「反響」があったのは、当然の展開だろう。

新聞や雑誌メディアでは、反省もプーチン批判もほとんどないまま、「核共有を検討すべき時期」と嘯いている元首相。

「もちろん、元首相にも言論の自由があります。まして現役政治家なのだから、国と国民を第一に考え、憂いを述べることはあってもいい。しかし、これまでの失政についてまずは非を認める。それから、ではないでしょうか。このままでは、恥ずかしすぎます」(自民党重鎮)

そればかりではない、と自民党幹部がこう証言した。ゼレンスキー演説の設定に関するある「疑惑」が囁かれているというのだ。

「ゼレンスキー大統領の演説は、当初、国会本会議場でやろうと準備していたが、最終的には安倍政権下で派閥を預かっていた細田衆院議長の判断で、議員会館の会議室に変更されたのではないかと見られています。設備の問題などがあったにせよ、本会議場と比べれば『格下げ』感は否めない。これには、安倍さんに近い衆院議員3人と参院議員1人による働きかけがあったのではないか…という話まで聞こえてきます」

真偽のほどはわからない。しかし、戦争終結のために世界が連帯しようとする動きに水をさすような日本政治の動きと反省のなさは、平和を目指そうとする行動からはあまりに遠く、そして悲しい。

この投稿には、4万7000のいいねと賛否混交1万近いリツイートが(安倍晋三氏のTwitterより)
  • 取材・文岩城周太郎写真つのだよしお/アフロ

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事