ウクライナ柔道ビロディド「募金呼びかけ」祖国の支援へ | FRIDAYデジタル

ウクライナ柔道ビロディド「募金呼びかけ」祖国の支援へ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

美しすぎる柔道家で知られる東京五輪柔道女子48キロ級銅メダリスト、ダリア・ビロディド(ウクライナ)が、自身のインスタグラムアカウントにてウクライナへの募金を呼び掛けている。

なんとも荘厳な絵だ(本人のインスタグラムより)

ビロディドは現在21歳。2018年の世界選手権を17歳で制覇し、最年少記録を塗り替えると、翌年の世界選手権でも優勝し連覇を達成した。長い手足が特徴の彼女が持つ異名は「アナコンダ」。狙った獲物は絶対にはなさない。東京五輪でも金メダル候補にあがっていたが、銅メダルに終わった。

一方で、その美貌にも世界的に注目が集まっている。武器である手足の長さや身長の高さなどから抜群のプロポーションを誇り、モデル事務所からの誘いも過去にはあったそうだ。彼女が私服姿などを公開しているインスタグラムのフォロワー数は51万1000人。いわゆるインフルエンサーだ。

そんな中で、在住するウクライナで悲劇が起きた。ロシア軍の侵略が始まったのだ。するとビロディドはインフルエンサーの立場を使って連日ウクライナの状況を世界に訴え続け、その際、募金も呼びかけていた。日本人にむけて日本語の投稿もした。

今回の投稿で、ビロディドは再び募金を呼び掛けた。

「フォロワーのみなさん、募金でウクライナの支援をお願いします。柔道コミュニティーの仲間と前線で戦う人たちへ直接支援しようと思っています」

目標金額は4万2000ドルで、集まったお金で防弾チョッキやヘルメットなどを購入する予定だという。

避難先でも一生懸命支援を継続するビロディド。そのひたむきさに心を動かされるファンは多いだろう。一方で、ファンとしては、ちゃんと柔道の練習時間が確保できているのかも心配だろう。

こんな辛い想いをしながらも、インフルエンサーとして母国のために活動をしているビロディドだからこそ、次のパリ五輪では金メダルを獲ってほしい。そのときこそが、本当に彼女にとっての平和が訪れた瞬間となるだろう。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事