市川海老蔵が謝罪で小林麻耶が浮き彫りにした歌舞伎界のある問題 | FRIDAYデジタル

市川海老蔵が謝罪で小林麻耶が浮き彫りにした歌舞伎界のある問題

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
市川海老蔵から謝罪されたことを告白した小林麻耶&あきら氏夫妻。今のところ海老蔵への”口撃”は休戦中のようだが…

3月21日に口火を切った小林麻耶の市川海老蔵への暴露“口撃”。ついに海老蔵が麻耶と夫である整体師の國光吟氏に“詫びを入れた”ことを30日、2人がブログで明らかにした。

麻耶はこれまでブログやYouTubeなどで、‘17年に亡くなった妹・小林麻央さん(享年34)への夫である海老蔵の理不尽な行為について暴露してきた。

「麻央さんが入院する病室で、海老蔵さんが競馬新聞を読み漁っていたことや、(麻央さんから)“離婚したい”と結婚生活が辛いと相談を受けていたことなどを明かしていました。また24日には、海老蔵さんが麻央さんに標準治療を受けさせなかったと、衝撃の告発をしました」(女性誌記者)

海老蔵が標準治療を受けさせなかったことについて麻耶は

「当時、海老蔵の中東公演を仕切っていた人物が気功師で麻央の施術を仕切っており、その施術を止めることは、中東公演の中止につながる恐れがあったため」

などと語っている。

さらに、27日には、“ガーシー”こと元アパレル会社社長の東谷義和氏のYouTubeライブ配信動画『ガーシーch』に電話出演。海老蔵が‘16年2月に開いたその中東公演のために、

「私は9000万円なんですけど、妹は2億3000万円で、母が4000万円なんです。その詐欺師(気功師のこと)にお金を渡しています」

と、告白。トータル3億6000万円が未だに返却されておらず、その人物に対して訴訟の準備をしているというのだ。

「遅きに失した感はありますが、麻耶さん、よくぞ言ってくれたと思いました」

そう語るのは、海老蔵を知る梨園の関係者だ。

「麻央さんの病室での話や、麻央さんが離婚したがっていたという話は、海老蔵と麻央さん夫婦の個人的な内容なのでその真偽はわかりません。正直、麻耶さんの話を信じる人がどれほどいるだろうと思いました。

ただ当時、海老蔵がメディアに見せていた良き夫や父親ぶりに鼻じらんでいた人は少なくありません」

もちろん、小林麻耶が語る金銭の話にどこまで信ぴょう性があるかという問題はあるものの、金銭トラブルに関しては梨園には少なくない話だという。

「基本的に歌舞伎役者は、タニマチの方から支援していただいたお金をお返しするという発想はありません。たとえ妻の実家といえどもです。なので、彼女の告白は実に迫真性があるのです。このような梨園の体質を暴露した麻耶さんの言葉に恐れを抱いている関係者は少なくない。額があっているのかどうかはともかく、金額の詳細を出されたことで、さすがの海老蔵もヤバいと思ったはずですよ」(同・梨園関係者)

ただ、いくら小林が海老蔵の話を暴露しても梨園は何も変わらないだろうし、松竹も対応しないのではないかと話す関係者は多いという。

「やはり海老蔵は歌舞伎座の顔なんです。麻央さんが亡くなってからというもの、海老蔵人気に拍車がかかりました。長男の勸玄くんが舞台に立つようになってからは、二人はまさに“看板”。コロナ禍の厳しい時期も二人の人気でなんとか客離れを防ぐことができたと言っても過言ではありません。

ですので、松竹は全力で海老蔵を守ると思いますよ。海老蔵の代わりはいないんですから。ただ、個人的に海老蔵に反感を持っている人は多いのも事実。歌舞伎人気を支えているのは海老蔵ですが、歌舞伎の格式を貶めているのも海老蔵、と考えている人もいるのです」(歌舞伎座関係者)

小林はブログで海老蔵から謝罪があったことを報告したが、これは昨年10月に海老蔵が自身のブログで、無断で小林夫妻の離婚を示唆したことに対するもの。金銭トラブルに関してではない。

いずれにしても、海老蔵の尻にもついに火がついたのは間違いないようだ――。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事