首都高が利用し辛くなった…料金改定&ETC専用車線急増の舞台裏 | FRIDAYデジタル

首都高が利用し辛くなった…料金改定&ETC専用車線急増の舞台裏

4月1日から上限料金が値上げされ、ETC専用入口は35ヵ所に急増。自動車生活ジャーナリストの加藤久美子氏が首都高の変化を解説する

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
料金変更を周知する掲示板。4月1日から新料金制度がスタートした

4月1日に首都高の通行料金が改定された。すべての車種において上限料金が引き上げられたのだ。普通車であれば、いままでは走行距離が35.7kmを超えると1320円という上限料金が科されていた。しかし今後は以下の新ルールに基づき運用されることになる。

・入口~出口までの距離が35.7km以下の場合は、通行料金はこれまでと変わらない

・35.7km~55kmの場合は、1kmあたり29.52円が加算される

・55kmを超える場合は、新たな上限料金である1950円が適用される

今回の変更を具体例を踏まえてまとめたものが次の図である。注意していただきたいのが35.7kmを超えてからの料金の変化だ。

それにしてもなぜ、今回の利用料金の改定が行われたのか。そこには首都高で深刻化している渋滞の影響がある。

そもそもいままでの首都高の通行料金は、周辺のほかの高速道路と比べると割安な設定だった。たとえば首都高の最長ルートである「さいたま見沼(さいたま市緑区)~並木(横浜市)」間86.6kmの料金で比較してみると差額がわかりやすい。この距離を東名高速などで採用されている「高速自動車国道大都市近郊区間」の計算式に当てはめると、86.6km×29.52円(普通車1kmあたり)+150円(固定額)+消費税=2980円となる。過去の通行料金だと2倍以上の差があったのだ。

安ければ交通が集中して渋滞を引き起こす原因になる。上限料金を引き上げ、東名高速などの料金体系に近づけることで、特に中央環状線よりも内側の都心部路線に渋滞を発生させないことが、今回の改定の狙いとなる。

なおETCを利用しない車を「現金車」というが、こちらはこれまで通り、距離に関係なく基本は上限料金が適用される。たとえば用賀から入って渋谷で降りた場合、ETC車なら430円のところ現金車は1950円という高額な料金になる。

また今回の料金改定では、上限料金の変更だけではなく深夜料金の割引制度も導入された。これにより午前0時〜4時の深夜時間帯には20%の値引きを受けることができる。こちらはすでに導入されているNEXCO管轄の東名高速や関越道、中央道などとはルールが違うため注意が必要だ。NEXCO管轄の高速道路は「0時~4時の間に通行」していれば深夜料金が適用されるが、首都高では「0時~4時の間に高速に入ること」が条件となる。

ETC専用入口も4月1日から35ヵ所に増加

導入が進むETC専用料金所。「現金車」は隣接するサポートレーンにて支払いなどの対応してもらう

首都高においては3月1日から5か所がETC専用入口となった。4月1日からはさらに29ヵ所が加わり、首都高の35ヵ所の入口がETC専用となっている。今後も増加して2025年度には約9割、2030年度までには全出入口がETC専用となる予定だ。導入が進む理由は、料金改定と同じく渋滞の解消といわれている。

4月1日に発表された最新のETC専用入口のリスト

これらのETC専用入口では現金車はどうなるのか? 結論から言うと、「通行できない」ということになる。しかし、現金車が誤って入ってしまったり、ETCカードの有効期限が切れているなどのケースもあるだろう。その場合は、「サポートレーン」に進んでインターホンで係員の指示を受けて首都高を利用することになる。なおバックやUターンは厳禁なので、料金の支払い方が記されたチラシを受け取ってひとまず首都高を利用し、後日、ウェブや電話で支払い方法を確認し、料金を振り込む。

サポートレーンで渡されるチラシ。振り込み情報などが記載されている

現金車の場合、原則的に上限料金扱いとなるので慌てて次の出口で出るのは大損。目的地まで利用しても支払う料金は変わらない。

なお、サポートレーンで指示をされたにも関わらず、料金を支払わなかった場合は不正通行として取り扱われる。首都高ではすべての料金所で通過する車両の画像を撮影している。不正通行とみなされると、割増料金などが請求される場合もあるので注意してほしい。

温かくなり行楽シーズンを迎えようとしているタイミングだからこそ、レンタカーなどで首都高を利用するドライバーも増えるはず。最新の情報をきちんとキャッチし、利用する際はぜひ注意したい。

  • 取材・文・写真加藤久美子

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事