TKO木下隆行 ガーシー続々暴露と後手対応で「第2のピンチ」か | FRIDAYデジタル

TKO木下隆行 ガーシー続々暴露と後手対応で「第2のピンチ」か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ペットボトル事件から干され、全盛期とはほど遠い活躍になってしまった木下隆行。ユーチューバーたちから暴露が続いているが…

“暴露系ユーチューバー”東谷義和氏がTKO木下隆行について苦言を呈したことが話題になっている。

東谷氏は3月31日の配信で、木下に激怒した。事の発端は3月24日の東谷氏のサブチャンネルに投稿した動画だ。東谷氏もあくまでも“人から聞いた話”として話し始めた。

後輩芸人にパワハラまがいにペットボトルを投げつけた“ペットボトル騒動”で仕事が激減していた木下。ある日、赤十字に知人の社長を引き連れて現れ「100万円を寄付したい」と申し出たという。その時、木下は「自分が100万円寄付したことをマスコミに言って欲しい」と赤十字の事務局の人に懇願したが、赤十字サイドは「そういったことはできません」と拒否。

すると木下は「だったら寄付しない」と言い、差し出した100万円を取り返して帰っていった…という内容だ。しかもその100万円の出どころも木下の復帰を応援する知人の社長が出してあげたものだった、とのことだ。

木下はこの暴露話がガーシーサブチャンネルに投稿される日、自分のユーチューブで生配信をして、一般ユーザーと一緒に自分がどんな暴露をされるのかを視聴。暴露された木下は言い訳をしていたが、その場では明確な否定はしていなかった。

そしてこの生配信中に東谷氏本人もチャットに降臨したのだが、木下に対し“芸人ならおもしろく返してや”と冗談まじりにからかっていた。

「東谷さんのサブチャンネルは基本的にタレントとのいい思い出話をするような趣旨で投稿されます。木下さんの暴露話もある意味、笑い話として展開していた節があります。木下さんが生配信していたとき、チャット上でコラボすることも約束し、旧友と意気投合したかのような雰囲気でした」(ワイドショー関係者)

しかし事態は急変。東谷氏は後日ファンから「チクリ」が入ったとして、さらに暴露。木下はあの生配信後に複数人と寿司店で会食をしていたそうで、その場で東谷氏の悪口を言いまくっていた…というのだ。その場にたまたま居合わせたファンが東谷氏に報告したという。

これについては真相も確かめようがないのだが、木下はその後、自身のツイッターで

《みんな詐欺師の言う事信用するんやなぁ これが洗脳なんやなぁ》

と投稿。名指しこそしなかったが、誰を指しているかはほぼ確実(その後木下はこの投稿を削除した)。さらに木下は事の真相を女性自身に直撃されると

《0の話を10にされてしまっては、ただただ困るんですよね。100%ゼロの話をされていてビックリしていますね…》

と回答。東谷氏が全くのデタラメを言ったと答えたのだ。

東谷氏はそれを踏まえた上で、31日に木下に激怒。実はこの一連の騒動があった後に木下から“悪口を言ってごめん”と謝罪のDMが届いた…というのだ。

「木下さんは当初、強く否定しなかったですが、後々寄付金の話が広がれば好感度が下がるかもしれないと恐れ、東谷氏を糾弾する方針に転換した。週刊誌の直撃にも全くのウソと答えましたが、このあと怒った東谷氏がさらに暴露するかもしれないという報復を恐れて、こっそりとDMで謝罪したということでしょう。いろいろ葛藤があったみたいですが、全てが裏目に出たということです」(スポーツ紙記者)

ちなみに、青汁王子もユーチューブで一般ユーザーから木下について聞かれると、昔食事に行っていた仲だと明かした。“仮想通貨”について教えてあげたりしたそうだが、青汁王子が大変な目に遭った際、SNSのフォローを外され疎遠になったという。

「これは芸能人としてのイメージや事務所の事情もあるので全然恨んでもないし当然のことだと思う」

とした上で

「人間として浅いなと思っちゃったんで そっからは会ってないですね」

と話した。

ペットボトル事件から始まり悪いウワサがボロボロと出てくる木下。ユーチューブの再生回数も伸び悩んでいるようだが、芸人として再び日の目を見る日は来るのだろうか…。

  • PHOTO川上 孝夫

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事