子供の前で強姦、遺体は下水道に…ロシア軍の「残酷すぎる蛮行」 | FRIDAYデジタル

子供の前で強姦、遺体は下水道に…ロシア軍の「残酷すぎる蛮行」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ロシア軍に虐殺された市民の遺体を目の前にし厳しい表情を浮かべるゼレンスキー大統領(画像:ロイター/アフロ)

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」が4月3日に発表した報告書には、ロシア軍による戦争犯罪の様子が詳細に記されている。ウクライナ第2の都市ハルキウの学校に5歳の娘ら家族と避難していた、31歳の女性の証言は生々しい――。

ロシア兵が窓ガラスを割って学校に侵入してきたのは、3月13日の深夜0時ごろだ。兵士は自身の名前と「20歳だ」と告げ、女性に2階の教室へ行くよう指示。アサルトライフル(突撃銃)を突きつけ、こう言ったという。

「服を脱げ」

兵士は、拳銃を女性のこめかみに当てたまま性的暴行を加える。校内には暖房がなかったが、着衣は上半身しか許されない。女性は何度も繰り返し強姦された……。さらに女性は顔を何度も殴られ、ナイフで首や頬、髪の毛を切られたという。

遺体が犬に食べられ……

AP通信も、ロシア軍の残忍な行動を報じている。首都キーウ近郊の街ブチャに住む民間人の談話だ。

〈ロシア兵が一軒一軒家を回り、地下室に避難している住民たちを引きずり出しました。彼らは、住民が持っていたスマートフォンをチェック。反ロシア的な書き込みがあれば、容赦なく殺害したんです。ある地下室からは、両手両足を縛られた18の遺体が見つかりました。中には子どももいた……。遺体の手足はバラバラに切断されていました〉

ウクライナ政府によると、キーウでは少なくとも410の遺体が確認されたという。下水道に投げ込まれたもの、頭にTシャツを被せられ後頭部を撃たれたもの、顔が陥没し犬に食べられた痕が見つかったもの……。街全体に、凄惨な光景が広がっていた。

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍の蛮行を「ジェノサイド(大量虐殺)」と断定。4月3日に公開したビデオ演説で、激しい言葉を使い強く非難した。

「ロシア兵のすべての家族に見てもらいたい。平和な都市の普通の市民が、なぜ拷問されて死んだのか。なぜ女性がイヤリングを耳から引きはがされ、絞め殺されたのか。どうしたら娘や息子たちの前で、母親に性的暴行を加え殺害することができるのか。なぜ戦車で生きた人々を潰すことができるのかを」

前出の人権団体HRWによると、ロシア兵は市民に向かい「我々は汚れを浄化するためにやって来た」と語っていたという。ロシア情勢に詳しい、筑波学院大学の中村逸郎教授が話す。

「個々人の残忍性に由来するところもあるのでしょうが、ロシア兵は、ウクライナは『ネオナチ』の巣窟だと信じ込んでいるのでしょう。ロシアを脅かす恐ろしい存在だと。危険極まりない市民は、殺害してもかまわないと考えているんです。

一方、ロシア軍の指揮系統はズタズタです。現場の兵士はまったく統制がとれていません。ウクライナ軍の予想以上の反撃で、撤退を余儀なくされていますが、食糧も武器も不足しパニック状態にある。危険な『ネオナチ』に殺されるという極度の恐怖心から冷静な判断ができず、行動に歯止めがかからなくなっているんでしょう」

ロシア国防省は、ウクライナで「一人の住民にも手を出していない」と発表。ロシア兵に虐殺されたとされる市民の映像については、「西側メディアのために作られた『作品』だ」と否定している。

  • 写真ロイター/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事