ウクライナ柔道家ビロディド「国旗をイメージの服で寄附呼びかけ」 | FRIDAYデジタル

ウクライナ柔道家ビロディド「国旗をイメージの服で寄附呼びかけ」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
切実なメッセージを連日投稿しているビロディド

東京五輪柔道女子48キロ級銅メダリスト、ウクライナのダリア・ビロディドが、インスタグラムで母国への支援を呼びかけた。

ビロディドは現在21歳。2018年の世界選手権を17歳で制覇し、最年少記録を塗り替えると、翌年の世界選手権でも優勝し連覇を達成した。長い手足が特徴の彼女が持つ異名は「アナコンダ」。狙った獲物は絶対にはなさない。東京五輪でも金メダル候補にあがっていたが、銅メダルに終わった。

一方で、その美貌にも世界的に注目が集まっている。武器である手足長さや身長の高さなどから抜群のプロポーションを誇り、モデル事務所からの誘いも過去にはあったそうだ。彼女が私服姿などを公開しているインスタグラムのフォロワー数は51万1000人。日本でも彼女のファンは多く、彼女が私服や水着姿を公開すると数万の「いいね!」が集まるインフルエンサーだ。

そんな中で、在住するウクライナで悲劇が起きた。ロシア軍の侵略が始まったのだ。するとビロディドはインフルエンサーの立場を使って連日ウクライナの状況を世界に訴え続け、その際も募金も呼びかけていた。まるで、それが彼女がインフルエンサー、そして世界を代表するアスリートとしての責務であるかのように……。

日本人にむけて日本語で寄付を呼びかける投稿もしていた。彼女のファンは日本にも多いためだ。母国のためにガムシャラに支援を訴え続ける彼女の姿に、胸をうたれた人は多かっただろう。しかし、彼女の身を心配する声もファンからはあがっていた。ビロディドは戦闘が激しくなるウクライナからスペインに避難をし、いまはスペインの柔道家のもとに身を寄せているという。

そしてこの度、再び募金を呼びかけた。黄色のトレーナー姿のビロディドはインスタのストーリーズ機能を使って、ウクラインアのボランティアを支援するサイトを紹介した。

こんな辛い想いをしながらも、インフルエンサーとして母国のために活動をしているビロディド。だからこそ、次のパリ五輪では金メダルを獲ってほしい。その時までには必ず、世界平和が訪れていてほしい。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事