鬼越が語った「暴露系ユーチューバーになったら危険な芸人」とは | FRIDAYデジタル

鬼越が語った「暴露系ユーチューバーになったら危険な芸人」とは

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
暴露系ユーチューバーとして注目を集めている『ガーシーch』東谷義和氏。もし芸人がガーシーのように暴露を始めたら…

お笑いコンビの鬼越トマホークが4月6日に自身のユーチューブチャンネルを更新。『【終焉】第二の暴露系YouTuberになったら芸能界を終わらせる芸人とは』という動画を投稿した。

暴露系ユーチューバーとは、『ガーシーch』を運営し最近登録者数が100万人を超えた東谷義和氏のこと。鬼越いわく“闇落ち”したら芸能界を終わらせる芸人がいるといい、お互いにランキング形式で発表した。

3位は2人共、『マテンロウ』のアントニーを挙げた。

「アントニーさんは芸人だけでなく芸能人との飲み会にも顔を出しているらしく、相当顔が広いとか。彼らはアントニーから聞いたエピソードとして、ある一流俳優と飲みに行った際、男性はその俳優だけで、それ以外は10人ほどの女性がいたそうです。そこにいる女性全員がその俳優の言うことをなんでも聞くといい、その飲み会の場で信じられないようなことが起こったという話を聞いたことを明かしていました」(スポーツ紙記者)

鬼越がアントニーから聞いた話は氷山の一角で

「こんなの知ってるんだ」
「あの場にもいたんだ」

という感じだったという。

坂井良多が2位に挙げたのが『ポールマン しゅん』というあまり聞き馴染みのない芸人だ。あまりネタ番組や劇場にも出ていないそうだが、顔の広さは相当なものだという。

“芸人界のガーシー”と言っても過言ではないらしく、芸能人、アイドル、俳優、ミュージシャン、漫画家に至るまで一流とも多く付き合っており、普通の飲み会にトップアイドルを連れてくることもあるという。

しかも東谷氏のように“アテンドのプロ”でもあると同時に、非常に口が堅いというのだ。そういった面でも“闇落ち”したら東谷氏のように“爆弾男”になる可能性を秘めているようだ。

そして坂井が1位にあげたのが“案の定”というべき『カラテカ』入江慎也だ。宮迫博之の闇営業をしかけた張本人であり、吉本興業を解雇された。現在はコンビを残しつつも芸能活動は全くしておらず清掃業の会社を経営している。

坂井は“すべての秘密を抱えながらエアコンを掃除している”と笑いを誘った。

「入江さんは芸能人時代、LINEの友達が5000人以上だったと豪語し、先輩芸人にも数々の女性を手配してきた。もちろん芸人だけでなく企業の社長や怪しい人脈との付き合いも多かったのであのような騒動になってしまった。

闇営業以降、吉本は独自の“反社チェック”のデータベースを持つようになり、営業先やコラボ相手などを精査するようになったほどです。もし入江さんが暴露系ユーチューバーになればガーシーさんに引けを取らないほど注目されるのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

鬼越いわく“暴露されたら芸能人の半分がいなくなる”とおののいた。

たしかにマスコミ界隈でも真偽不明の入江に関する“ヤバイ情報”というのは多く流れていた。入江を可愛がっていた多くの芸人は“弱み”を握られている状態と言っても過言ではないはず。

しかし入江は現在、一般の仕事に精を出し真面目に暮らしている。自暴自棄にならない限り“墓場”まで秘密は持っていく可能性は高いだろう。いずれにせよ、爆弾というものは各地に埋まっているようだ。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事