新田真剣佑『ガーシーch』記念暴露で注目される「次の一手」 | FRIDAYデジタル

新田真剣佑『ガーシーch』記念暴露で注目される「次の一手」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
暴露系ユーチューバー『ガーシーch』で取り沙汰された真剣佑。今後本人の口や関係者から反論は聞かれるのだろうか…?

暴露系ユーチューバーの東谷義和氏が自身のユーチューブチャンネル『ガーシーch』の登録者数100万人突破を記念し、ガーシー流の“祝砲”を打ち上げた。

これまで城田優、綾野剛、清水翔太など数々の暴露で注目を集めていたが、今回は新田真剣佑がその対象となってしまった。

ガーシーは彼のプライベートや仕事のことについて話すと宣言。2部構成にするとし、その「第1部」で披露されたのは仕事関係の話だったという。

「東谷さんは多くのタレントに広告関連の仕事を紹介していたとのこと。真剣佑さんも当時所属していた事務所の給料では満足できなかったとかで、その仕事をやっていたそうです」(芸能レポーター)

真剣佑はあからさまな商品紹介は嫌がっていたのか、さりげなく商品を写真に写りこませる程度だったので、クライアントからたびたびクレームが来ていた…とまで東谷氏は明かした。

「SNSではたびたび『ステマ』が問題視されていますが、たしかにその判定はグレーな部分もある。実際、真剣佑さんだけではなく、いまだに多くのタレントが『#PR』と表示せずに商品を紹介していますからね。フジテレビのアナウンサーですら、ステマの疑惑が報じられたほどポピュラーな“小遣い稼ぎ”なんです。東谷さんによると、真剣佑さんクラスなら、インスタのストーリーズ(24時間のみの表示)などでも何らかの形で商品を紹介すれば100万円程度のギャラをもらえるとのことですが、彼ぐらいの知名度であれば、それぐらいの額をポンと出す企業はあるでしょうね」(芸能プロ関係者)

意外な「小銭稼ぎ」をしていたと暴露された真剣佑。気になるのは「2部構成」とされたこと。今後さらなる話が明かされる可能性があるわけだが、さすがに黙ったままでいるのはマズいと思ったり、事実と違うことがあるなら、今後はなんらかの手段で反論していく可能性もある。彼らの「次の一手」に注目が集まるのは間違いない。

さて、ここからはあくまで一般論だが、ガーシーの「暴露」が続くなか、今後、同チャンネルでタレントや有名人が「おカネの問題」を暴露されたとき、その額や事案次第では、大変なことに発展する可能性もあるだろう。

「誰かしら有名人に関しての『おカネの問題』が発覚した場合、それをこのチャンネルで告発していくこともあるでしょう。そうなれば、ケースによっては税務署が動くことだってあるかもしれない。もしそれがきっかけとなって摘発されるようなことがあれば、その有名人は女性問題とは桁が違うぐらいの痛手を被ることも考えられる。少しでも思い当たる節のある人は、戦々恐々としているかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

波乱を起こし続ける『ガーシーch』だが、今後は芸能界だけでなく、国の機関が注目する可能性もあるかもしれない…?

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事