木村拓哉「家族メシ」公開が最高視聴率でCM業界が狙う父娘初共演 | FRIDAYデジタル

木村拓哉「家族メシ」公開が最高視聴率でCM業界が狙う父娘初共演

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今や”家族の話”はタブーではなくなった木村拓哉。一家を支える工藤静香の存在が大きい…

4月12日放送『家事ヤロウ』(テレビ朝日系)に木村拓哉が降臨した。‘21年9月に続き、2度目の出演となった。

「番組は芸人のバカリズムとカズレーザー、そして『KAT-TUN』中丸雄一という男性3人が、家事初心者として料理などを学んでいくバラエティー番組です。木村は4月からスタートする主演ドラマ『未来への10カウント』の“番宣”絡みでのサプライズ出演でした」(スポーツ紙記者)

木村の突然の登場に、バカリズムやカズレーザーはあ然。ジャニーズの後輩である中丸は驚きの表情を浮かべながらも、喜びを爆発させていた。

「前回放送のときは自宅で“酵素玄米”を15年以上食べていることや、調理では砂糖は使わず、オリゴ糖を使っていることを明かしていました。その際に約束していた『木村家特製ひき肉を使わないミートソース』を今回は披露。また、豚しゃぶサラダや冷製パスタなど、実際に家族で食べている料理を再現していました」(テレビ誌デスク)

番組では何度も木村の“リアル飯”を強調。スターのプライベート感が魅力だったのか、前回放送では番組史上最高視聴率を獲得したことを明らかにしていた。

「SMAPのメンバーとして、トップアイドルとして君臨してきた木村さんは、グループ解散までは家族の話題は極端に避けてきました。ですので、プライベートはずっと、表に出してきませんでした。それだけに、彼が普段、どんな料理を家庭で食べているのか、ファンのみならず、視聴者は非常に興味をそそられるのでしょうね」(女性誌記者)

木村ファミリーといえば、妻である工藤静香だけでなく、次女のKōki,が‘18年にデビューすると、‘20年には長女のCocomiも芸能界入り。つまり、家族全員が芸能人となった。

「ファミリーのプロデュースは工藤さんがうまくやっている。実際に娘たちが所属しているのは、彼女の個人事務所ですからね。

そんな中、木村さんは工藤さんの誕生日を祝うため、中国のSNS『ウェイボー』で、若い頃のツーショット写真を初めて公開。その後も娘との交流秘話など、テレビやSNSなどでちょいちょい“家族ネタ”を出してきていますね」(前出・スポーツ紙記者)

テレビで木村が“リアル飯”を披露すれば、たちまち視聴率は右肩上がり。そんな木村ファミリーのことを当然ながら広告業界がほっとくワケがない。

「もちろんテレビも木村ファミリーに注目していますが、やはりCM業界が熱い。木村さんと娘さんたちの“父娘初共演”となれば、話題性は計り知れないですからね。大手広告代理店が水面下で接触を図っており、争奪戦になっているという話も漏れてきています。当然、ギャラも破格で軽く“億超え”でのオファーだそうですよ」(テレビ局関係者)

今やジャニーズ事務所内でもレジェンド級となった木村。“ゴッドマザー”となった工藤の高笑いが聞こえそうだ――。

  • PHOTO山田 宏次郎

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事