天竺鼠・瀬下の中絶報道ウラで『さらば青春の光』東ブクロは絶好調 | FRIDAYデジタル

天竺鼠・瀬下の中絶報道ウラで『さらば青春の光』東ブクロは絶好調

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2週連続での不倫報道で芸能活動休止を発表したお笑いコンビ『天竺鼠』瀬下豊(左)。相方の川原克己(右)は何を思う…

お笑いコンビ『天竺鼠』瀬下豊が芸能活動休止を発表した。

瀬下は先月に週刊文春で不倫が報じられ、謝罪。一旦は難局を乗り越えたかに見えたが、4月14日発売の週刊文春で再び複数女性との不倫が判明。しかも今度は“妊娠中絶”“暴力的な性行為”といった過激ワードが並び、瀬下は文春の取材に、

「芸人を辞める意向」

とほのめかしていた。

瀬下はツイッターで

《このたびは私の無責任な行動で傷つけてしまった女性の方々に心よりおわび申し上げます。また、一部メディアの記事内容によりご迷惑、ご心配をおかけしましたファンのみなさま、関係者のみなさまにも重ねておわび申し上げます》

と謝罪。続けて

《自分のこれまでの行動を反省し、当面の間、芸能活動を控えることにします》

と発表した。これを受け、出演予定だった14日放送の日本テレビ系『秘密のケンミンSHOW極』では瀬下の出演シーンはカット。東京・ルミネtheよしもとをはじめ、お笑いライブへの出演もキャンセルとなった。

「さすがに今回は本人の心も折れかけている。ルミネの出番前に吉本のスタッフから『どうする?』と聞かれ『もう漫才できません』と返したようだ。ただ、彼のお笑いの才能を惜しむ声は多い。一旦冷静になるためにも、ひとまず芸能活動休止という形にしたようだ」(お笑い関係者)

そんななか、思わぬ形で注目を集めるのがお笑いコンビ『さらば青春の光』の東ブクロだ。東ブクロは昨年4月、交際女性に対して中絶を迫ったと報じられた。そのため、ネット上では東ブクロを責める厳しい声もあがっていた。

ところが、当の東ブクロの仕事は絶好調だ。テレビ大阪ではこの春、『さらば青春の光』の冠番組2本がスタート。4月26日スタートの『さらばのこの本ダレが書いとんねん!』と『さらば青春の光の東ブクロとデビュー作』がそれだ。

プロデューサーの与十田孝輔氏は先日の発表会見で次のように言い放った。

「東ブクロさんってすごいんですけど、メディアにうまく引っ掛かってないところがある。彼の特徴・特技を新米ディレクターの斬新な企画で生かしていきたい。それを森田さんにツッコんでもらったり、グダグダ具合とかを楽しんでほしい」

と、えらく高評価だ。瀬下がアウトで東ブクロがセーフだった理由についてスポーツ紙記者は、

「一番大きいのは瀬下さんが妻子持ちで、東ブクロさんは独身だったこと。『不倫』というワードを回避できますからね」

と指摘する。

別の理由もある。大阪では、東京に比べれば、まだ芸能人の“ゲスネタ”に寛容なところがあるというのだ。関西のお笑い関係者によると

「大阪の人らは、芸人の不倫やスキャンダルにはそんなに興味がない。不祥事を起こしても復帰しやすいというか、『オモロければいい』的なノリが今もある。関西ローカルだと東京では放送されないので、強行突破で何とかなることが多い」

という。。

「アンジャッシュの渡部建さんは好感度が高く、CMにも出演していたから不倫報道で深刻なダメージを負った。かたや、東ブクロはCM出演もない。ある意味、それで命拾いしたところはある」(同・スポーツ紙記者)

瀬下からの“流れ弾”も、ともすれば今後のネタにしそうな気配すら漂う。瀬下とはまさに明暗クッキリとなったようだ――。

 

  • 写真時事

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事