ザギトワ「大胆な衣装で滑走ポーズ」ににじむ複雑心境 | FRIDAYデジタル

ザギトワ「大胆な衣装で滑走ポーズ」ににじむ複雑心境

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年の平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワが自身のインスタグラムアカウントで「大胆すぎる滑走姿」を公開し話題を呼んでいる。最近めっきり投稿が減った彼女のインスタだが、今回の投稿に喜んでいるファンもいるだろう。その一方で複雑な気持ちもファンの間で見え隠れしている。

なんとも妖艶なダンスだが…(本人のインスタグラムより)

ザギトワは2002年生まれのフィギュアスケーター。15歳9か月という若さで、2018年の平昌五輪で金メダルを獲得。しかしその後、不調により成績が低迷し、競技会への参加を一時停止することにした。

ただ引退したわけではなく「立ち止まったり、去るつもりはない」などとコメントしていた。そうした中で、彼女はアイスショーなどに参加していた。そして、「フィギュアスケート・ロシア選手権」にマスコミの一員として登場。北京五輪でも記者として白羽の矢がたち、「懐かしい。またこの雰囲気に浸ることが出来てとても幸せです」と感想を書き込んでいた。

ザギトワはインフルエンサーとしても知られる。自身のインスタグラムアカウントのフォロワーは112万人を超える。日本人のフォロワーも多く、彼女の投稿には日本語のコメントも頻繁にみられ、彼女自身が日本語で発信することも多々ある。

そんな中、ザギトワのインスタグラム更新頻度は最近めっきり落ちてしまった。その背景にはロシア政府による「インスタ禁止令」がある。ウクライナ侵攻以降、言論統制を強めているロシアはSNSの規制も強化。ロシア国内に8000万人のユーザーがいるインスタもその対象となった。

それを受け、サギトワら多くのロシア人インフルエンサーはロシア発のSNS「テレグラム」へのお引越しを実施した。ただどういうわけか、禁止令後もインスタグラムの更新はできていたようで、ザギトワもしばらくはインスタを更新しつつ、フォロワーにテレグラムアカウントへの誘導をはかっていた。

今回は珍しくインスタでの投稿だ。大きくまたを広げ、スパイダーマンのようなポーズで滑っている。黒のシースルー衣装でザギトワの魅力がつまっている。戦争の悲惨さをいっときでも忘れてもらおうというザギトワの想いがこもっているのかもしれないが、どうしてもその衣装、ライティングの黒さに彼女の心の底にある暗さを感じてしまう。

何も考えずに彼女の投稿を楽しめる日が来ることを願うばかりだ。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事