天竺鼠・瀬下豊「引退発言撤回」活動休止の裏に芸人仲間からの留意 | FRIDAYデジタル

天竺鼠・瀬下豊「引退発言撤回」活動休止の裏に芸人仲間からの留意

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
不倫報道で芸能活動休止を発表したお笑いコンビ『天竺鼠』瀬下豊(左)。一度は引退を口にしたが…

複数の女性と不倫が報じられたお笑いコンビ『天竺鼠』瀬下豊。4月14日に自身のツイッターで、

《この度は、私の無責任な行動で傷つけてしまった女性の方々に心よりおわび申し上げます。自分のこれまでの行動を反省し、当面の間、芸能活動を控えることにします》

と謝罪の文面を掲載し、活動を控えることを発表した。

瀬下は文春に一般人女性との不倫が報じられたあと、それを見た他の女性からも告発が相次いだ形だ。瀬下は’07年に結婚しているので、報じられたすべての女性は不倫関係となる。

初報のAさんは“火遊び”的に報じられ、瀬下は妻から

《この件についてはノーチャンスやから次はないからね》

と許しを得たような言葉をもらったそうだ。しかし新たに告発したBさんには瀬下は中絶を強要し、Cさんには暴力をふるい痣だらけの証拠写真も掲載された。さらにCさんは瀬下の後輩や先輩とも性行為をするよう命じられたといい“全く笑えない”報道だったのだ。

「ここまでくると瀬下さんも妻に叱られたなどと言えないでしょう。女性も不倫と分かって交際していたとはいえ、瀬下さんの非道な行動を笑いにかえるように“ピンチ”とか“ノーチャンス”などと言っている場合ではない。多目的トイレ不倫をしたアンジャッシュの渡部建さんと同等もしくはそれ以上世間は許さないかもしれません」(スポーツ紙記者)

瀬下といえば売れない時期が長く苦労人だったが、ここ数年はバラエティー番組などで活躍しブレークしかけていた矢先だった。だからこそ週刊誌に狙われたという側面もあるだろう。世間的に注目されていない芸人であれば取材をかけようとも思わないからだ。

「瀬下さんが体を張って頑張っている姿は、付き合いの長い先輩の千鳥さんたちは本当に喜んでいました。本人は2度目の文春砲の際、芸人をやめると周囲に言っていたようですが、やはり複数の先輩からは強い慰留があったようですね。

吉本は渡部さんの事務所と違って自主制作の番組をたくさん持っている。最近では『BSよしもと』という局まで開設した。とにかく解散や引退はせず、ほとぼりが冷めるまで待っていれば、いつかは吉本の番組や劇場で復活できる見込みが高い。そのあたりの考えもあって、“当面の間”活動を控えるという発表になったのでしょう」(テレビ局関係者)

元「雨上がり決死隊」の宮迫博之のように吉本興業と仲違いさえしなければ、徳井義実や田村亮のようにテレビにも復帰できるというわけだ。世間から甘いといわれようがそれが大手芸能事務に所属しているメリットということなのだろう。

一方、瀬下の相方である川原はツイッターで、瀬下の謝罪文をパロディするかのような画像で、

《研究チームが男女6909人を調査した結果そのうち男性58.0%、女性61.5%の人がアスパラガスを食べた後の尿のにおいを嗅ぎ分けられなかったみたいです。よろしくお願いします》

とシュールすぎる文章を掲載。これが川原流の瀬下に対する愛情なのだろうか。

瀬下の行動は、相手の女性だけでなく自分の家族まで傷つけてしまったことだけは間違いなさそうだ…。

  • 写真時事

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事