部活見学も積極的!筑附高の新入生・悠仁さまの「学校生活」 | FRIDAYデジタル

部活見学も積極的!筑附高の新入生・悠仁さまの「学校生活」

伝統の「肩組み勧誘」も経験して、最高の3年間がスタートした

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

悠仁さまが熱望した筑波大学附属高校。4月9日の入学式を経て、その学校生活が始まった。

「付属横坂」を上り、高校に通学する悠仁さま。皇族が学習院以外の高校に進学するのは、戦後初めてのことだ 撮影:蓮尾真司

悠仁さまは1年5組・出席番号1番。筑附高校は、1学年240人中、附属中学からの「内部進学生」が3分の2程度。残りの、男女合わせておよそ80人が「高校入学生」だ。今年度は640人ほどが出願し、狭き門を勝ち抜いた。

「高校入学の子も、内部生とごちゃまぜでクラス編成します。入学式では、毎年『1年1組・出席番号1番』の子が代表になるので、苗字が『あ』だから、もしかしたらとか噂はあったんですけど(笑)。クラスは芸術科目の選択で決めるので、『工芸』選択の悠仁さまは5組か6組、って早くからわかってました。だから、『代表挨拶はないねー』って」(在校生)

お茶の水女子大附属中学に入学時は「新入生代表」として壇上に立った悠仁さまだが、今回はいち生徒として、入学式に臨まれた。

「とはいえ、校内で記者さんの質問に答えたり、警備の方がいらしたり、やはり普通とは違う空気でした」(在校生保護者)

入学式前の記者とのやりとりでは、「新しい制服はいかがですか」と問われ、

「あ。す、スーツなんですけど」

と笑顔で答えたり、これまでに比べ少し「こなれた」印象も見せた。

そして入学から1週間。憧れだった高校で、どのように過ごしているのだろうか。

新入生への「伝統的勧誘」も

登校時には、学校前の坂を私服にリュック姿で歩いてゆく様子も見られている。

「前後には私服の警備、校内にも警備車両が入るなど落ち着かない雰囲気です。ずっとこんな警戒警備で登校なさるのかしら。学校行事の運営に影響があるのかな、と少し心配ですが」(前出)

筑波大附属といえば、自由な校風のなか、部活動、課外活動も盛んだ。そんななかで、悠仁さまはのびのびと学校生活を楽しんでいるようだ。

「バドミントン部に見学にきましたよ。運動部は対外試合もあるし、ちゃんとやろうと思うとけっこう大変なんです。部活に熱心な生徒のなかには『うちは4年制高校』とかいって、浪人覚悟で取り組む人もいるほどですから」(在校生)

そのため、新入生への「部活勧誘」も盛んだという。たとえば剣道部では「新入生の肩を抱いて声がけをする」という「肩組み勧誘」の伝統がある。

「剣道部の先輩は、伝統に則って悠仁くんの肩に腕をかけて、しっかり勧誘したんです。それを聞いて『さすが剣道部! 勇気あるなー』と(笑)」(在校生)

なんともほほえましいエピソードだ。和やかな校風を、悠仁さまも存分に楽しんでいることだろう。担任の先生からは「普通に接するように」と「指導」されている高2、高3の先輩在校生たちは、おおむねそんなふうに「受け入れ」ているという。

「校内では2、3人の友だちと歩いていますよ。普通に、ちょっと地味な男子って感じかな」(在校生)

入学までの経緯のなかで、さまざまな「声」を浴びた悠仁さまだが、高校生活は、順調に滑り出したようだ。

入学説明会では、周囲の保護者とにこやかに、積極的に話していたという母・紀子さま。この数年の荒波を越え、一息ついたお気持ちだろう。

「皇族として初めて、学習院以外の教育だけを受けて育った悠仁さまは、前例を覆してもお選びになった環境を存分に活かして、友人を作り、見聞を広め、将来のために学んでくださるでしょう。この3年間で、大きな学びと一生の友を得て成長されることを願っています」(皇室ジャーナリスト·渡邊みどりさん)

憧れの学舎で、なにを見て、なにを感じるのか。3年後には、大学受験がある。悠仁さまの「これから」が大きな実りに溢れることを祈らずにはいられない。

東京・文京区に大きな敷地をもつ「筑波大学附属中学校・高等学校」。校門の前には、数学オリンピックや作文コンクールなど、各種大会で入賞した生徒たちの表彰状が掲示され、その活躍ぶりがうかがわれる
  • 撮影蓮尾真司(1枚目)

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事