松本潤 連ドラ惨敗で来年大河『どうする家康』役者生命の正念場に | FRIDAYデジタル

松本潤 連ドラ惨敗で来年大河『どうする家康』役者生命の正念場に

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
視聴率的に惨敗したドラマ『となりのチカラ』のワンシーン。主演の松本潤は来年、大河ドラマという大役が待っているが…

4月15日、来年1月からスタートするNHK大河ドラマ『どうする家康』の出演者発表記者会見が行われた。

主役となる徳川家康役は『嵐』の松本潤。脇を固めるのは、山田孝之や大森南朋などの実力派から、山田裕貴や板垣李光人、杉野遥亮ら若手人気俳優などがズラリと並んでいる。

「描かれる戦国時代といえば、大河ドラマでは視聴率的に“鉄板”と言われています。しかも、今回の主役は誰でも知っている家康ですからね。ジャニーズ事務所もNHKサイドも“楽勝ムード”だったのですが…」(スポーツ紙記者)

松本といえば、国民的アイドルグループ『嵐』のメンバー。まさに満を持しての大河挑戦だが、ここにきて不安もささやかれている。

「それは今年1月から3月いっぱいに放送された連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)が視聴率的にまったく振るわなかったからですよ。松本さんだけでなく人気女優の上戸彩さんや松嶋菜々子さんをキャスティングしたにもかかわらず、平均視聴率は9・2%(ビデオリサーチ調べ、関東)と、予想外の“ひとケタ”で終わった。

いまは平均視聴率の時代じゃないという意見もありますが、同じテレ朝の木曜ドラマ枠でいえば、その前に人気シリーズ『ドクターX』が放送されており、こちらは平均視聴率16・5%を獲得。松本のドラマはその半分ほどだったわけですから、それと比較して“惨敗”と言われても仕方ないでしょうね」(広告代理店関係者)

大河ドラマは1年間という長丁場。通常の連続ドラマは“1クール=3か月”で、NHK朝ドラや『相棒』(テレビ朝日系)のような刑事ドラマでも半年間だ。50話近く放送される大河がどれだけ長いか分かる。

それだけに、視聴率的にコケだすとイヤな雰囲気の中、長期間の撮影を続けるという、地獄のような現場になる。注目度も高い分、主演役者や主要キャストは戦犯扱いになり、それ以後の芸能界活動に影響を与えることもあるという。

「唯一、大河ドラマで平均視聴率がひと桁で終わってしまった『いだてん』(’19年)は、撮影現場は“お通夜状態”で、取材するこちらがかわいそうに思うくらいのときもあった。俳優さんたちも含め、ピリピリしていたことが度々報じられました。

歴代ワースト2位タイに終わった『花燃ゆ』(’15年)の主演だった井上真央さんは、各方面からのバッシングの嵐に精神的にかなり追い込まれてしまった。“守ってくれなかった”として所属事務所との関係もぎくしゃくしてしまい、それも一因となってか、最終的には独立してしまいました。

逆に『麒麟がくる』で沢尻エリカさんの代役を短期間で見事に演じ切った川口春奈さんは、その後ドラマやCMに引っ張りだこ。NHK『紅白歌合戦』の司会をするなど、人気女優の仲間入りをしました。つまり、大河ドラマというのは、それだけ影響力が大きいんですよ」(女性誌記者)

「松本・家康」は果たして、視聴者に受け入れられるのか…。今回の大河ドラマが“役者”として大成できるかどうか、非常に大きなターニングポイントになることだけは間違いなさそうだ。

  • PHOTO坂本 信二

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事