祝・妊娠!ロシアの妖精シャラポワ「母になって進む次の目標」 | FRIDAYデジタル

祝・妊娠!ロシアの妖精シャラポワ「母になって進む次の目標」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
引退してもなお注目を集めるシャラポワ。4月6日に撮影された近影(AFLO)

「ロシアの妖精」マリア・シャラポワ(35)が、喜びを爆発させた。

〈素晴らしいことが始まるわ! 2人分のバースデーケーキを食べるのは、昔から得意なの〉

4月20日、自身のインスタグラムに歓喜のコメントとともにシャラポワが投稿したのは、海岸での水着写真。大きくなったお腹に両手をあて、カメラに向かいほほ笑んでいる。待望の第一子を妊娠したのだ。

〈最高に嬉しいニュースだ!〉

〈マリア、最高のママになってね〉

〈ステキな写真。ファミリーで幸せになって〉

インスタが更新されると、世界中からシャラポワへ祝福のメッセージが寄せられた。

お相手の華麗な人脈

「シャラポワが結婚したのは20年12月です。お相手は英国人実業家アレクサンダー・ギルケス氏。ギルケス氏は単なるカネ持ちでありません。英国のロイヤルファミリーと、深いつながりがあるんです。

英国一の名門校イートン・カレッジの出身で、同校を卒業したウイリアム王子やヘンリー王子の友人です。両王子の結婚式にも出席しています。11年に共同設立し143億円以上の売り上げを記録した、オンライン・オークションハウス『Paddle8』では、ユージェニー王女が働いていました」(全国紙国際部記者)

ギルケス氏は、「Squared Circles」という会社を共同設立。相談役には、シャラポワの名前もある。シャラポワ自身も、以前から敏腕なビジネスパーソンとして知られていた。

「現役時代(20年2月に引退)から、ティファニー、ナイキ、ポルシェなど世界の名だたる企業とビジネス契約を結んできましたからね。12年には、スイーツブランド『シュガポワ』を創設。年商は21億円を超えていました。

出産後は、しばらく育児に専念するのではないでしょうか。いずれはパートナーの英国王室人脈を活かして、新しいビジネスに乗り出すと思います。生まれてくるお子さんには、シャラポワの良き後継者になってほしいですね」(同前)

「テニス界のレジェンド」シャラポワ。これからは、ママとしての伝説をつむいでいく。

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事