市川海老蔵 インタビューで露呈した小林麻耶との会談での無策ぶり | FRIDAYデジタル

市川海老蔵 インタビューで露呈した小林麻耶との会談での無策ぶり

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
小林麻耶の”口撃”に対し沈黙を破り週刊文春のインタビューに応えた市川海老蔵だが…

歌舞伎俳優の市川海老蔵が窮地に陥っている――。

「女性セブン」で複数女性との“パパ活疑惑”や側近男性の“呪術師”についての報道がなされたうえ、義姉・小林麻耶と國光吟氏からはブログで連日“口撃”を浴びせられるなど、まさに踏んだり蹴ったりだ。

海老蔵は歌舞伎界の大名跡『市川團十郎』襲名を控える身で、これ以上の醜聞は控えたいところだが、追撃は止む気配はない。

業を煮やしたのか、海老蔵は4月21日発売の「週刊文春」のインタビューに応じ、もっかの懸念である“麻耶問題”を釈明。記事冒頭で

「子供たちやお義母さんのためにも、ここで終わりにしなくてはいけない。全てをお話しすることにします」

と決意を語ったものの、その中身はどうも歯切れが悪い。

麻耶と國光氏は昨春、極秘裏に離婚。海老蔵から「世間に公表しなくていい」とアドバイスを受け、それに従ったにもかかわらず、当の海老蔵が許可なく『おかえり』のタイトルでブログに書いた。

当時、海老蔵は女性スキャンダルが報じられており、麻耶と國光氏は「離婚をスケープゴートに使われた」と怒り心頭。海老蔵にブログで謝罪するよう求めている。

文春によると、海老蔵は事態収拾のために2人と直接会い、約6時間にわたって話し合ったと告白。前出『おかえり』ブログについては

「勝手な投稿をしてしまった。浅はかだった」

と認めた。また、妻の小林麻央さんを失った海老蔵に“襲われた”という麻耶の爆弾証言については

「実際そのようなことはありません」
「男女関係はない」

と否定しつつも、耳元で「好き…」と囁いたことには

「いや、『好き』って…。分からないです」

とはぐらかした。

「麻央さんの病室で競馬新聞を読んでいたこと、『おかえり』ブログの件など、認めるところは認め、謝罪しています。麻耶さんと國光さんを刺激しないよう気を遣いながら話している姿が印象的でしたね」(スポーツ紙記者)

しかし、結果は海老蔵の望むものではなかった。この報道後、麻耶は自身のブログで「腑が煮えくりかえる」とブチギレ。

<私たちは、おかえり、のブログに関して、直接頭を下げて謝罪してもらっていません。話の流れでごめんね、反省してると言われただけです。謝罪はされていません。もう一度言います。あの日は、海老蔵さんのために設けた時間です>

と反発した。國光氏も同様で

「どこに週刊誌のインタビューを受ける歌舞伎役者がいるんですか?」

「ブログで一言すいませんでしたと書けば済んだ話しなのに。良くわかりません」

と、マスコミに内幕をブチ撒けた海老蔵に不快感をあらわにした。

ここまで来ると、関係改善は至難のワザだ。何より特筆すべきは、歌舞伎界のトップである海老蔵がトラブルを抱えているのに、周囲は手を差し伸べるどころか、傍観していることだ。

「文春によると、話し合いの場に國光氏が“立会人”として知人男性を連れてきたそうです。この時点で1:3の図式。密室での話し合いでは、終わったあとに『言った』『言わない』のトラブルになりやすい。

國光氏は知人男性を同席させたことで“保険”をかけたのでしょう。対して海老蔵さんは無防備というか無策すぎる。自分ひとりで解決できると思ったのかもしれませんが…」(同・スポーツ紙記者)

一方、長年のツケが回ってきたを証言するのは歌舞伎関係者だ。

「海老蔵さんは‘10年の暴行事件、’17年に麻央さんを亡くしたあとも、基本的には人間性は変わっていない。歌舞伎界の頂点にいるので、海老蔵さんのオーダーに周囲が合わせるカタチ。それで振り回される人も多かったと聞いています。今回のトラブルの仲裁に入ろうと考える人はいません。なかには『いいお灸になった』と言う関係者もいるくらいです」

事実、麻耶の暴露に対し、マスコミ各社は海老蔵サイドに問い合わせてはいるが、反応は薄め。否定するわけでもなければ、メディアに報じぬよう“圧力”をかけるわけでもない。大半が「関知していない」という回答だった。

苛烈さを増す海老蔵と麻耶の対立。その落としどころは依然として見えない。

  • PHOTO原 一平

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事