ザギトワ「大胆なスイムスーツ写真投稿」から漂う複雑心境 | FRIDAYデジタル

ザギトワ「大胆なスイムスーツ写真投稿」から漂う複雑心境

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2018年の平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリナ・ザギトワが自身のインスタグラムアカウントで「大胆なスイムスーツ姿」を公開し話題を呼んでいる。

ザギトワが公開したのは黒のスイムスーツの上にデニムのジャケットを羽織っている写真だ。下はグレーのスウェットパンツとみられ、とても夏らしい。

ただ、こうした大胆な写真を投稿するのには、彼女なりの「狙い」があるのかもしれない。

大胆な格好にファンは喜ぶだろうが、ロシアへの反感が高まる中、少しでも気をひくための手法なのかもしれない。その心中はいかに…(本人のインスタグラムより)

ザギトワは2002年生まれのフィギュアスケーター。15歳9か月という若さで、2018年の平昌五輪で金メダルを獲得。しかしその後、不調により成績が低迷し、競技会への参加を一時停止することにした。ただ引退したわけではなく「立ち止まったり、去るつもりはない」などとコメントしていた。そうした中で、彼女はアイスショーなどに参加していた。北京五輪でも記者として参加した。

ちなみに、ザギトワはインフルエンサーとして知られる。自身のインスタグラムアカウントのフォロワーは112万人を超える。日本人のフォロワーも多く、彼女の投稿には日本語のコメントも頻繁にみられ、彼女自身が日本語で発信することも多々ある。

そんな中、ザギトワのインスタグラム更新頻度は最近めっきり落ちてしまった。その背景にはロシア政府による「インスタ禁止令」がある。ウクライナ侵攻以降、言論統制を強めているロシアはSNSの規制も強化。ロシア国内にいる8000万人いるインスタもその対象となった。

ザギトワは最近、ロシア発のSNS「テレグラム」での更新を増やしており、逆にインスタで更新することは少なくなった。テレグラムに馴染みがない日本人ファンからすると、こうやってインスタに投稿してくれること自体が嬉しいだろう。今回の大胆な投稿も、鬱屈した空気を少しだけ和らげてくれる。ただ、彼女がロシアで置かれている状況を思うと、どこか素直に喜ぶことができないのも偽らざる心境だ。

ロシアへの反感が日々高まる中、彼女なりに少しでも親しみを持ってもらおうと、こうした大胆な写真を投稿しているのかもしれないし、あるいはメディアへの露出がどうしても少なくなる中、彼女なりの生存戦略として発信しているのかもしれない。

早く、誰もが好きな場所で好きなことを発言し、何も考えることなく受け手がそれを楽しめる世の中に戻ってほしい。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事