プーチンが露ワリエワの「薬物疑惑を強烈否定」のヤバイ狙い | FRIDAYデジタル

プーチンが露ワリエワの「薬物疑惑を強烈否定」のヤバイ狙い

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「絶望」の異名を持つロシア・フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)。金メダル最有力候補として北京五輪に挑んだが、ドーピング問題に揺れ、競技の結果も4位に終わった。

そんな中、ロシア大統領のプーチンがワリエワを「あの完璧な演技は禁止物質ではできない」と称賛したことが話題を呼んでいる。

こうしたツーショットは政治的な効果も抜群なのだろう…(AFLO)

ワリエワは2006年4月26日、ロシア・カザン生まれ。2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝すると、2021/2022年シーズンよりシニアに参戦。いきなりスケートカナダ、ロシア杯をいずれも世界最高得点で連勝した。ロシア選手権では国際スケート連合(ISU)非公認ながら自身の持つ世界最高得点を大幅に更新して初優勝を飾った。

さらに今年1月の欧州選手権でも見事優勝。もはや向かうところ敵なしではあった中での北京五輪だったが、先述の通りメダルを逃した。

もちろんドーピングはフェアプレイ精神に反する重大な違反。世界中から彼女に批判が集まった。その一方で15歳の彼女にどこまで判断能力があったのか、疑問視する声もあがった。結果として、個人戦は4位に終わり、失意のなか、北京五輪を終えた。

そして、母国ロシアがウクライナへの侵攻を開始した。世界中がロシアに制裁を科すなか、スポーツ界でもロシア外しが本格化し、フィギュアスケート世界選手権からもロシアの選手が除外された。この立て続けに起きたハプニングによって、彼女の精神状態をめぐり心配する声があがった。

そんな中、ロシアのクレムリンで北京五輪のメダリスト表彰式が開かれた。ワリエワらロシアのメダリスト9人が集まった式にプーチン大統領も出席。スピーチではワリエワを「スポーツを本物のアートのレベルまで持ち上げた」と称えた。

ワリエワにとっては少し心和らぐ瞬間だったかもしれない。しかし、プーチン大統領は、ロシアが現在置かれている苦境を鑑み、国内に向けて「ロシアは悪くない。いまはなんだってロシアが悪いことにされる」とアピールし、国民の団結を促すために彼女を利用している可能性もある。

大統領からの言葉に、ワリエワはいま、とても複雑な気持ちだろう。政治的な「価値判断」によって、実際の価値や真実がゆがめられてしまう――なんともいやな時代に生きているものだ。

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事