露ザギトワ「日本語でファンに呼びかけ」ににじむ複雑胸中 | FRIDAYデジタル

露ザギトワ「日本語でファンに呼びかけ」ににじむ複雑胸中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「あなたはどれを最も覚えていますか」

2018年の平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したアリナ・ザギトワが自身のインスタグラムアカウントで「日本語のメッセージ」を公開し話題を呼んでいる。

本人のインスタグラムより。日本によほどシンパシーを抱いてくれているのか、それとも別の狙いがあるのか…?

ザギトワは2002年生まれのフィギュアスケーター。15歳9か月という若さで、2018年の平昌五輪で金メダルを獲得。しかしその後、不調により成績が低迷し、競技会への参加を一時停止することにした。ただ引退したわけではなく「立ち止まったり、去るつもりはない」などとコメントしていた。そうした中で、彼女はアイスショーなどに参加していた。そして、「フィギュアスケート・ロシア選手権」にマスコミの一員として登場。北京五輪でも記者として参加した。

親日家として知られるザギトワは、金メダルを獲得した平昌五輪前に滞在した日本で秋田犬に一目ぼれした縁から、秋田犬保存会からメスの秋田犬が寄贈されている。名前は勝利を意味することから「マサル」とつけられた。そのマサルと一緒にザギトワは今年1月に在ロシア日本国大使夫妻のもとを訪れ、懇談したことをインスタで報告していた。

そうした中での、この日本語の投稿だ。

「とても多くの公演が過ぎました!あなたはどれを最も覚えていますか」

実は、これ、4月9日のミンスクからスタートしたアイスショー「チャンピオンズ・オン・アイス」を振り返ったもので、一緒にショーの動画もアップした。このショーはロシアで名指導者エテリ・トゥトベリーゼ氏が主催してもので、ザギトワのほかにもカミラ・ワリエワや、アンナ・シェルバコワなどメダリストがこぞって参加。モスクワ、クラスノヤルスク、サマラ、ニジニノブゴロド、タシケントでも開かれた。

しかしなぜ、日本語なのだろうか、それには複雑な事情がある。実は、ウクライナ侵攻以降、言論統制を強めているロシアは「インスタ禁止令」を出し、SNSの規制も強化。ロシア国内にいる8000万人いるインスタもその対象となった。どういうわけか、ザギトワらはインスタをまだ利用できているようだが、その更新頻度はおちている。その代わり、ロシア発のSNS「テレグラム」での更新を増やしており、SNSのお引越しをはかっているようだ。

ただ、テレグラムは日本人にとっては馴染みないSNSだ。ザギトワは、日本に多くいるファンをうまくテレグラムに誘導できていないようだ。そこで、インスタグラムなどで日本語でのメッセージを発し、少しでもつなぎとめようとしているのではと噂されている。

全ては戦争が悪い。早くロシアが自由に好きなことを発言できる国になってほしいと願うばかりだ。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事