『ガーシーch』の暴露で警察は簡単には動かない根本的な理由 | FRIDAYデジタル

『ガーシーch』の暴露で警察は簡単には動かない根本的な理由

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
芸能人の私生活を暴露し続ける『ガーシーch』の東谷義和氏。標的だった新田真剣佑から6000万円を借金していることが明らかになり…(オフィシャルYouTubeより)

芸能界の暗部を暴露し続ける“ガーシー”こと東谷義和氏の雲行きが怪しい。

これまで自身のユーチューブチャンネルで城田優、綾野剛、新田真剣佑らの真偽不明のスキャンダルを次々と投下。チャンネル登録者はサブチャンネル含め150万人に迫るなど、発信力を増している。当人もよく動画で「俺の影響力が~」とインフルエンサーであることを自覚しているようだ。

「東谷氏はトークが軽妙で、テンポ、表現ともに思わず聞き入ってしまう。突然関西弁でブチギレるところも、中毒性がある。マスコミの視聴率が異様に高いのも、東谷氏の話す内容が“業界あるある”だったりするので、まんざらネタとして聞き流せない状況になっている」(スポーツ紙記者)

だが、ここにきて「女性セブン」「ポストセブン」を中心に、東谷氏自身の素性について告発が相次いでいる。“ガーシー砲”を被弾した新田真剣佑の所属事務所『エム・アンド・リーヴス』の村上和義代表は、同誌の取材に応じ、過去、東谷氏に新田が6000万円を貸し付け、それがいまだ返済されていないことなどを明かした。

東谷氏は即、動画でこの件に触れ、6000万円預かったことを認めた上で

「お金の使いどころ、これがいちばん気になるところだと思うんですが、正直に言います。いわゆる違法賭博、イカサマにはめられてすべて失いました」

と衝撃告白した。これには村上氏も

「返済できない理由として、到底納得がいく説明ではありません」

と怒りの声を上げている。

もともと東谷氏は“BTSに会わせる詐欺”がバレたことで人生が暗転し、恐怖の暴露ユーチューバーに生まれ変わった。東谷氏は

「詐欺と言われても仕方ない」

と認めた上で、被害者に全額弁済することを表明。返済窓口には“無罪請負人”と称される高橋裕樹弁護士を立てた。この動きについて全国紙社会部記者は

「1つはユーチューブチャンネルのアカウントBAN(削除)を恐れてのことでしょう。もう1つは実は東谷氏についての事態は現在も進行中の部分があり、我々、社会部の記者も関心を持っているんです。電撃的な展開も考えられます」

と話す。

このほか、東谷氏は超高額レートの賭け麻雀に参加していたことを“自白”。博打による多額な負債があるという情報もある。それについて取材した『女性セブン』に対し、同氏は

「俺だけが出頭することはあり得ない。(ユーチューブで名前を挙げた)タレントが出頭するのであれば、俺は一緒に出頭しても良いと思ってるよ」

という旨の回答している。開き直りとも言える理論だが、東谷氏の“本性”の一端が垣間見えたことは、大きい。

「城田優さんが東谷氏の暴露で仕事に影響が出たように、クライアント側は疑心暗鬼になっている。あとでとんでもない話が出てからでは遅いですからね。しかし、今回明らかになった東谷氏自身の醜聞で、正々堂々とクライアントに対して『こういう背景を持っている人の話を信じるんですか?』と言うことができる。

“BTS詐欺”では東谷氏が被害女性をだますために、BTSメンバーとのLINEのやりとりを“捏造”した疑いがあることもわかっている。つまり、これから動画で証拠を出されても『捏造』と言えるんです。ましてや、同氏のネタをワイドショーや新聞が真面目に扱うことはない」(広告代理店関係者)

東谷氏には熱狂的な支持者もいるが、大半の視聴者は芸能界の裏側を“のぞいてみたい”という好奇心によって動いている。前出のスポーツ紙記者は

「ブームは一過性のもの。ガーシー本人もそれはわかっているでしょう。だから稼げるときに稼ぐ…という戦法なのでしょうけど、一連の報道を視聴者がどう判断するか」

と話す。現時点ではっきり言えることは、東谷氏が命がけで暴露したネタで、すぐに警察が動いたり、芸能界がひっくり返るようなことが起きる可能性は低いだろう、ということか…。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事