メドベージェワ「大胆衣装でお立ち台風姿」にファン衝撃…! | FRIDAYデジタル

メドベージェワ「大胆衣装でお立ち台風姿」にファン衝撃…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

自身のインスタグラムアカウントで反戦メッセージを投稿し世界的に話題を呼んだ、2018年の平昌五輪で銀メダリストのロシア・女子フィギュアスケート、エフゲニア・メドベージェワ。彼女がこの度、「大胆な衣装でのスケート姿」を公開し、話題を呼んでいる。

メドベージェワが公開したのは、フィギュアスケートの演技中の写真だ。黒のシースルードレスは大胆にもとても丈が短く、右手に大きな扇子を持っている。それを頭上に添えて、まるでお立ち台で踊っているようなポーズをとっている。

まるでお立ち台…!(本人のインスタグラムより)

メドベージェワは1999年ロシア・モスクワ生まれで、父はアルメニア人、母はロシア人。3歳ころからフィギュアを始め、2016年、2017年と世界選手権を2連覇。無敗の絶対女王として君臨していたが、彗星のごとく現れたアリナ・ザギトワが快進撃を続け、平昌五輪では銀メダルに終わった。

そんな中で、メドベージェワは、ロシアのウクライナ侵攻への抗議を匂わす文章をインスタに掲載し、世界的な話題を呼んだ。メドベージェワがインスタのストーリーズ機能を使って投稿した真っ黒な画像。その黒い画面に「悪い夢のように、一刻も早く全てが終わることを願っています」とのメッセージを添えた。これには、世界中から称賛の声が集まった一方で、身の危険はないのかと心配する声もあがった。

その後、戦争に関する発言一切しなくなったメドベージェワだが、名指導者エテリ・トゥトベリーゼ氏が主宰したツアー「チャンピオンズ・オン・アイス」に参戦。メドベージェワ以外にもアンナ・シェルバコワ、アリナ・ザギトエワなどのメダリストがこぞって参加した。今回アップしたのはその際に撮影したものとみられる。

親日家としても知られる彼女。もしかしたら、90年代のディスコのお立ち台をイメージしているのかもしれない。このお立ち台風の演技を日本でも早く観てみたい……が、日本とロシアの間に出来た溝がそれを妨げている。早くこの戦争が終わり、自由にフィギュアスケートを楽しめる日がきてほしいものだが…。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事