露メディアが触れた「ワリエワが復帰のため国籍変更」の可能性 | FRIDAYデジタル

露メディアが触れた「ワリエワが復帰のため国籍変更」の可能性

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「絶望」の異名を持つロシア・フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)。金メダル最有力候補として北京五輪に挑んだが、ドーピング問題に揺れ、競技の結果も4位に終わった。

そんな中で、彼女の今後に関する衝撃的な記事が公開された。

プーチン大統領と笑顔で撮影していたワリエワだが…(写真:AFLO)

「ワリエワは国籍を変更するのか」

配信したのはロシアの「POPCAKE」というメディアだ。その内容を見てみよう。

<ワリエワは、オリンピックでひどいドーピングスキャンダルがあったにもかかわらず、ロシアで最も優れたフィギュアスケーターの一人とみなされている。不当な謹慎処分の間、国内外の芸能関係者やコーチが彼女を支えている。多くのフィギュアスケートファンは、ワリエワが海外で成功のキャリアを築く可能性があると思うようになった>

言葉は濁してはいるが、そこからはワリエワが国籍を変えてでも国際的な場で活躍する方法を模索していることが窺える。

ワリエワは2006年4月26日、ロシア・カザン生まれ。2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝すると、2021/2022年シーズンよりシニアに参戦。いきなりスケートカナダ、ロシア杯をいずれも世界最高得点で連勝した。ロシア選手権では国際スケート連合(ISU)非公認ながら自身の持つ世界最高得点を大幅に更新して初優勝を飾った。

さらに今年1月の欧州選手権でも見事優勝。もはや向かうところ敵なしではあった中での北京五輪だったが、先述の通りメダルを逃した。

もちろんドーピングはフェアプレイ精神に反する重大な違反だ。世界中から彼女に批判が集まった。その一方で15歳の彼女にどこまで判断能力があったのか、疑問視する声もあがった。そうした中、個人戦では4位に終わり、失意の中北京五輪を終えた。

そして、母国ロシアがウクライナへの侵攻を開始した。世界中がロシアに制裁を課すなか、スポーツ界でもロシア外しが本格化し、フィギュアスケート世界選手権からもロシアの選手が除外された。この立て続けに起きるハプニングに彼女の精神状態をめぐって、心配する声があがった。

今の状態ではスケートをしたくてもなかなか思うようにはできない状況。彼女のキャリアを考えれば、国籍変更は間違いなく一つの手であろう。

いずれにせよ、もう一度彼女がなんのしがらみもなく、自由にすべる姿を見たいと願うファンは多いはずだ。どんな決断をしようとファンは彼女の意志を支持する……!?

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事