ロシアのワリエワ「15歳で引退危機」報道に世界が衝撃…! | FRIDAYデジタル

ロシアのワリエワ「15歳で引退危機」報道に世界が衝撃…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「絶望」の異名を持つロシア・フィギュアスケートのカミラ・ワリエワ(ロシア)。金メダル最有力候補として北京五輪に挑んだが、ドーピング問題に揺れ、競技の結果も4位に終わった。

そんな中で、彼女の今後に関する衝撃的な記事が公開された。

「15歳のワリエワ、引退を勧告」

記事を公開したのは、ロシアメディア「kinoafisha」だ。リレハンメル五輪の銀メダリストで指導者・振付師のアレクサンドル・ズーリンの言葉を引用している。

プーチン大統領と写真に写るワリエワ(AFLO)

「プロとしてキャリアを終えて、エンターテイメントでお金を稼ぐべきだ」

ズーリンの厳しい勧告の背景には、ロシアによるウクライナ侵攻以降、ロシア選手が国際大会に参加できない状況が続いているためだ。ズーリンは「これから長い間、手づまりになるだろう」とも見解を述べている。

ワリエワは2006年4月26日、ロシア・カザン生まれ。2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝すると、2021/2022年シーズンよりシニアに参戦。いきなりスケートカナダ、ロシア杯をいずれも世界最高得点で連勝した。ロシア選手権では国際スケート連合(ISU)非公認ながら自身の持つ世界最高得点を大幅に更新して初優勝を飾った。さらに今年1月の欧州選手権でも見事優勝。もはや向かうところ敵なしではあった中での北京五輪だったが、先述の通りメダルを逃した。

そして、その直後に戦争が始まり、フィギュアスケート世界選手権からもロシアの選手が除外された。この立て続けに起きるハプニングに彼女の精神状態をめぐって、心配する声があがった。

フィギュアスケート選手の寿命は短く、2018年の平昌五輪で金メダルを獲得したアリナ・ザギトワも北京五輪には参加すらしていない。そう考えれば「引退」も現実的なのかもしれない。

戦争さえなければ、もしかしたら状況は違っていたのかもしれない。選手の人生を狂わせたこの戦争が、早く終わってほしい。

  • 写真AFLO

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事