若手の注目コント師・金の国が明かす「賞レース前の芸人の本音」 | FRIDAYデジタル

若手の注目コント師・金の国が明かす「賞レース前の芸人の本音」

2022 M-1、KOCへの道:「金の国」【前編】

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

昨年、突如として頭角を現したお笑いコンビ・金の国の渡部おにぎりと桃沢健輔。彼らは「ツギクル芸人グランプリ2021」、「マイナビLaughter Night グランドチャンピオン大会」と立て続けに優勝を果たし、一気に若手の注目株となった。

そんな二人の目の前に立ちはだかる壁が、コント師の頂上決戦「キングオブコント」だ。大会の苦い思い出、ライバル視しているコント師、予選を前にライブ数を減らそうと考える理由など、今年のキングオブコントに対するコンビの“本音”を聞いた。

「金の国」の渡部おにぎり(写真左)と桃沢健輔(同右)。「ツギクル芸人グランプリ2021」、「マイナビLaughter Night グランドチャンピオン大会」と立て続けに優勝を果たし、一気に若手の注目株に(撮影:スギゾー)

「ウケたぞ」と思ったら…

――昨年から賞レースで結果を出して、バラエティーでも活躍されています。今年は「キングオブコント」で結果を残したい、という気持ちが増したんじゃないですか?

渡部:一応、去年は「ツギクル芸人グランプリ」と「マイナビLaughter Night」のグランドチャンピオン大会で優勝させてもらって。けっこう周りの人からも「次はキングオブコントだな」みたいに言われるんですけど、僕らってキングオブコントにあんまりいい思い出がないんですよ(苦笑)。 

桃沢:もちろん「キングオブコントで評価されたい」って気持ちはあるんですけど、「絶対優勝するぞ」みたいなのはプレッシャーがすご過ぎて考えられないですね。もちろん2分ネタと5分ネタが必要になるんで、常に意識しながらネタを作ることにはなりますけど。あんまり考え過ぎると、本当に嫌になってきちゃうので。

――M-1グランプリに長年エントリーしている漫才師は、予選が始まる時期に独特な「嫌な気持ち」になるそうです。キングオブコントでもそういう感じはありますか? 

渡部:たぶん、同じような感覚なんじゃないですかね。 

桃沢:キングオブコントって1回戦から2回戦に上がる倍率が一番高いんですよね。M-1グランプリは1、2、3回戦、準々決勝なんですけど、キングオブコントは1、2回戦、準々決勝なので、最初にふるいにかけられる。 

養成所の時と1年目は2回戦までいけたんです。けど、2、 3、4年目と1回戦で落ちてるから、本当にいいイメージがないというか、考えるほど嫌になってくる(苦笑)。とくに5年目の去年はだいぶそう思っちゃいましたね。「ウケたぞ」と思ったら落とされて、何とか追加合格して。その後、コロナで準々決勝が動画審査になって、やっぱりダメだったっていう。 

渡部:僕がコロナに感染しちゃって。ちょっと何とも言えない気持ちでしたね。 

桃沢:「今年もダメなのか」と思ってた矢先に、ほかの賞レースで勝てたから「何で?」ってどんどんドツボにハマっていくんですよ。もちろん常に面白い2分を作ろうっていう気持ちは変わらないですけどね。 

僕らってキングオブコントにあんまりいい思い出がないんですよ(苦笑)

ライブが増えたきっかけはサツマカワRPG

――2020年まで賞レースの結果がふるわなかった一番の要因はどこにあると思いますか?

桃沢:周りの先輩に聞いても、7年目まで1回戦負けとかで、ある時期から急に準決勝とか上のほうまでいくみたいな。そういうタイミングみたいなものがあるらしいんですよ。だから去年は悔しかったですけど、「おかしいだろ」ってふうには思わなかったですね。 

渡部:相方が全部ネタを書いてくれてるんですけど、割と僕を中心に作ってくれるものが多くて。だから、ちょっとずつ僕をどう使ったら面白くなるかっていうのをわかってくれたっていうか……。 

桃沢:それはつまり、「お前はそもそもポテンシャルがあったけど、俺が理解してなかった」みたいな話? 

渡部:あー、違う、違う! そういう意味じゃない!!(苦笑) 

桃沢:納得いかねぇな(苦笑)。シンプルに実力が足りなかったんだと思います。演技力も拙いし、書く力も拙かったっていう。それが少しはマシになってきたってだけだと思うんですよね。 

――サツマカワRPGさんから「下北GRIP」(下北スラッシュで毎週金・土・日に行われている無料ライブ)以外のライブを紹介してもらったことで場数が増えたそうですね。その影響はありそうですか?

桃沢:一番はサツマカワさんですけど、周りの芸人の紹介でそれまで出られなかったライブにつなげてもらえたのは大きいかもしれない。やっぱ「ライブでよく見る芸人だから笑う」っていうお客さんも多いんです。そういう人たちの信用を獲得できるようにはなったのかなと思います。 

渡部:1年半~2年ぐらい前から「下北GRIP」の土曜レギュラーをやらせてもらってるんですけど、レギュラーだとエントリー費を払わずにマックスで1日3本出演できるんですよ。それから場数も多くなりましたし、去年くらいからサツマカワさんとかの紹介もあって別のライブに呼ばれる機会も増えた。ライブで鍛えられたのはあると思います。 

強い2本を作るためには、6本作るぐらいの意識でいなきゃダメなんだなって…

あえて名前を挙げるなら、サスペンダーズ

――昨年のキングオブコントから審査員が一新したり、若手メインの決勝になったりと変化もありました。

桃沢:バナナマンさんは例外としても、審査員の方たちがネタバトルをやってきた人たちの世代にはなりましたよね。キングオブコントが始まって、少ししてから戦い方のカギとかいろいろ出てくると思うんですけど、そうなってからの世代になった感じはします。今まさに戦ってる人たちに近い感覚を持っている人たちというか。 

渡部:ただ審査員が変わっても、結局はやることは同じなのかなって。面白いネタをやること自体は変わらないので。 

桃沢:例年ファイナリストの方たちは、「審査員が変わったからこういうふうにやろう」ってこともあるかもしれないですけどね。僕らみたいなペーペーが何も思う権利はないというか(笑)。

――まずは予選を突破したいと(笑)。ちなみに今年の大会でライバル視しているコント師はいますか?

渡部:今、僕らの事務所の4組でNAVENGERS(ナベンジャーズ)ってユニットを組んでいて。ファイヤーサンダーさん、Gパンパンダさん、ゼンモンキーと僕らでやってるんですけど、ファイヤーサンダーさんだけ準決勝までいったことがあって。ほかの3組は軒並み準々決勝までなんですよ。 

この僕ら以外の3組に先に決勝にいかれたらちょっと嫌だなというか、悔しいなっていうのはありますね。ライバル視というか、「この3組の中で一番になりたい」とは思ってます。 

桃沢:一緒に勝ちたいなって人はいっぱいいるんですけど、「この人に勝ちたい」ってあんまりない。同じ事務所でいうと、「ぎょねこ」っていう半年後輩のトリオが面白いんですよ。ただ、勝ちたいっていうより、「一緒に上がりたいな」って感じですね。 

あえて名前を挙げるなら、マセキ(芸能社)のサスペンダーズさん。タイミング的にもほぼ同時期にメディアに取り上げられたし、精力的にネタやってるところも似てる。やっぱずっと面白いから、「負けたら悔しい」っていう気持ちにはなりそうですね。 

渡部:サスペンダーズさんと僕らって、同じ時期の3つの大会(「笑ラウドネスGP」「ツギクル芸人グランプリ2021」「Laughter Night~」)で、どっちもファイナリストになってるんですよ。だから、かなり一緒に上がっていきたい気持ちがあります。本当に仲よくさせてもらってるので。 

KOCに向けて「出すペースだけは落とさないと」

――当面の目標はキングオブコントで結果を残すことだと思います。数カ月後に予選が始まりますが、大会に向けて何か実践していることなどありますか?

桃沢:ほかの賞レースと比べると、やっぱり気持ちも違いますしね。「コントで評価されたい」と思ったら、コントだけの大会ってキングオブコントしかないので。けっこう思うところはあります。 

去年の「Laughter Night~」は、40回以上ライブでやったネタで優勝できたんですよ。知らない人にもちゃんと伝わったというか。たぶん、その頃は僕らのこと知らないから、なんとなく「面白い人いたな」ぐらいで過ぎ去って、すぐに忘れてくれたと思うんです。けど、今は僕らのこと知ってるから、「金の国はこのネタをやった」っていう記憶が去年よりも強い。実際にライブ中に肌で感じて、「これは大変なことだ」と思って。 

このままだとネタの摩耗が早過ぎるから、ゆっくり時間を掛けて小出しにしつつ、いい感じにまとめるって作業が必要かなと思ってます。具体的には、ライブ数を減らすとか。強いネタほど、「またこのネタか」ってなっちゃうことがすでにライブシーンでもあるので。今年はちょっと反応が違うよね? 

渡部:ちょっと違う感じがするね。 

桃沢:作るペースは崩さずに、出すペースだけはちょっと落とさないとなって思ってます。「下北GRIP」はそんなにお客さん入れられないし、配信もできない環境だから、そこで磨こうかと(笑)。 

渡部:原点に甘えるしかない(笑)。例年だと6月中旬ぐらいからキングオブコントの予選が始まるんですけど、その少し前に「ABCお笑いグランプリ」(朝日放送テレビが主催するお笑いコンクール)があって。実は僕たち、一度も最終予選すらいけてないんです。それがすごい悔しくて。 

桃沢:ABCの最終予選って、僕らと同じぐらいの若手もけっこう上れるんですよ。それだけに悔しいというか。 

渡部:ずっとそういう気持ちのままキングオブコント迎えてるんで、ABCでも結果を残したい。少なくとも、最終予選には上がりたいなと思ってます。ABCも芸歴10年以内だし、あまりにもいけないとそのうち出られなくなるので。今年はABCも頑張って、いい感じでキングオブコントにつなげたいですね。

――同じ事務所のハナコは、2017年の「ABC~」で霜降り明星の優勝を目の当たりにしたこともあって「年明けから賞レースぜんぶ獲ってやる!」と火がついたそうですね。

桃沢:バケモンですよ(苦笑)。どのコント師もキングオブコントのために「ちょっと長めの強いネタを2本作る」みたいな漠然とした目標があるんです。ただ大抵の場合は、1本できればいいほう。ハナコさんは、その年6本作るつもりだったみたいなんですよ。 

「ABC~」「NHK新人お笑い大賞」「キングオブコント」で、6本面白いものを作ったら全部回るってことで。でも、結果的にできたのは3.5本ぐらいだったらしいです。その意識はちょっと参考にしたいなと思いましたね。強い2本を作るためには、6本作るぐらいの意識でいなきゃダメなんだなって。 

渡部:そう考えると、やっぱすごいなぁハナコさん(苦笑)。

【後編に続く】

  • 取材・文鈴木旭

    フリーランスの編集/ライター。元バンドマン、放送作家くずれ。エンタメ全般が好き。特にお笑い芸人をリスペクトしている。個人サイト「不滅のライティング・ブルース」更新中。http://s-akira.jp/

  • 撮影スギゾー

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事