ウクライナ・ブチャの市長が語った「虐殺の街」の本当の惨状 | FRIDAYデジタル

ウクライナ・ブチャの市長が語った「虐殺の街」の本当の惨状

ノンフィクションライター・水谷竹秀の「ウクライナ戦争」現地ルポ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
単独インタビューに応じたブチャ市長

ロシア軍が3月末に撤退し始めて以降、その蛮行が次々と明らかになった虐殺の街、ブチャ。首都キーウから西に車で約30分という人口約4万人のこの街は現在、復興に向けて動き出している。しかし、夫や子供を失った遺族たちの傷が癒えることはない。

ウクライナ当局は、虐殺に関与した疑いのロシア軍兵士10人の氏名と顔写真を公開し、捜査を進めている。ロシア軍に占拠されて以降、ブチャに滞在し続けたアナトリー・フェドルク市長(49)が単独インタビューに応じた。

「通りのあちこちで遺体を見ました。手を縛られた状態のまま長期間放置された人など、そうした遺体は20体以上ありました。犬に食べられた遺体も見ました」

そう語る市長自身が、民間人の遺体を目撃したのは3月31日。場所は国鉄ブチャ駅から南に約1キロ南下した住宅街にある、ヤブルンスカ通りとヴォグザルナ通りの交差点付近だった。

市長によると、ブチャ市内で見つかった遺体は5月2日現在、416体。そのうち90%に銃で撃ち抜かれた痕が残っていた。性別では男性のほうがやや多く、子供も含まれていた。

「被害者は砲撃による破片や爆破によって死亡したのではなく、ロシア軍による明らかな計画的殺人です」

ロシア軍が計画的に行った証拠の1つとして、市長はこんな体験を打ち明けた。

「ロシア軍の将校が私の家に来た時のこと。たまたまその時に私も家にいました。すると将校はポケットから2枚の文書を取り出し、私の身元を確認してきました。その文書には名前がリスト化され、私の名前も含まれていた。手書きの文書ではなく、あらかじめプリントされたものです」

市長が見た2枚の文書は、暗殺対象者のリストとみられる。市長は4月12日にキーウのメディアセンターで行った記者会見でも、ブチャでロシア軍と接触したことを明かしている。

プーチン大統領は4月18日、ブチャで虐殺に関与したとされるロシア軍の部隊に対して「栄誉称号」を与えた。殺人犯が英雄視されたことで、世界的に大きな波紋を広げたが、それについて市長はこんな思いを口にした。

「感情論で話をしたくありません。確かなのは、ブチャ市に侵入したロシア軍の兵士は自分たちの意志で動いたわけではなく、ロシア連邦政府の政治的命令に従ったということです。その蛮行にプーチン大統領が称号を授与したのであれば、それはロシア連邦政府の政治的指導者やロシア軍が任務を与え、(現場に駐留した)兵士がその任務を遂行したことが評価されたに過ぎない」

その上で市長は、民間人がブチャで虐殺された理由について考察する必要があると指摘し、過去の戦争における歴史的背景を踏まえてこう語った。

「(ブチャで)虐殺が起きた理由は、次の1点で説明がつきます。それはロシア軍の『オーク』が戦争責任を免れてきたという歴史的事実です」

「オーク」とは人間に似た架空の怪物を指し、ウクライナではしばしば、ロシア軍兵士は「オーク」と揶揄されている。

「ロシアとの国境沿いでこれまでに起きた戦争でも、ロシア軍は戦争犯罪の責任を免れてきました。第一次チェチェン(1994〜96年)、第二次チェチェン(1999〜2009)をはじめ、南オセチア紛争(2008年)、そしてクリミア半島が併合された2014年以降の戦争です。しかしロシア軍は戦争責任を問われなかった。今回のウクライナ戦争ではそれは許しません。我々は絶対に、虐殺を行った兵士とロシア連邦の政治的指導者を軍事裁判にかけます」

市長の怒りの矛先は、ロシア軍だけでなく、ロシアの一般市民にも向けられた。

「私を含むウクライナ国民の怒りは、ロシア軍に対してだけではありません。なぜならロシアでは国民の84%が今回のウクライナ戦争を支持しているという統計があるからです。つまりは戦争犯罪を支持しているのです。こうしたロシア国民を一体、我々はどのように扱えば良いのか。この負の感情はいつになっても消えないでしょう」

首都キーウでは5月13日、ロシア軍兵士による戦争犯罪を裁く初公判が開かれた。ロシア軍の軍事侵攻以降、初の裁判。ウクライナの検察当局は現在、ロシア軍による戦争犯罪が疑われる1万1000件以上を捜査している。

ブチャの市庁舎
ブチャの教会で4月上旬に行われた集団埋葬
  • 取材・文・写真ノンフィクションライター・水谷竹秀

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事