ウクライナ・ビロディド「柔道着でプールサイド散歩」のひと時 | FRIDAYデジタル

ウクライナ・ビロディド「柔道着でプールサイド散歩」のひと時

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

美しすぎる柔道家で知られる、東京五輪柔道女子48キロ級銅メダリストのダリア・ビロディド(ウクライナ)が自身のインスタグラムアカウントで「プールサイドで柔道着姿」を公開し話題を呼んでいる。「ビューティフル!」「素敵」といった称賛コメントが殺到している。

ミスマッチな組み合わせだが、柔道着が似合うビロディドにかかればこの通り

ビロディドは現在21歳。2018年の世界選手権を17歳で制覇し、最年少記録を塗り替えると、翌年の世界選手権でも優勝し連覇を達成した。長い手足が特徴の彼女が持つ異名は「アナコンダ」。狙った獲物は絶対にはなさない。東京五輪でも金メダル候補にあがっていたが、銅メダルに終わった。

ビロディドは、その美貌にも世界的に注目が集まっている。武器である手足の長さや身長の高さなどから抜群のプロポーションを誇り、モデル事務所からの誘いも過去にはあったそうだ。彼女が私服姿などを公開しているインスタグラムのフォロワー数は51万1000人。日本でも彼女のファンは多く、彼女が私服や水着姿を公開すると数万の「いいね!」が集まるインフルエンサーだ。

母国ウクライナへのロシア軍の侵略が始まって以降は、ビロディドはインフルエンサーの立場を使って連日ウクライナの状況を世界に訴え続け、その際も募金も呼びかけていた。まるで、それが彼女がインフルエンサー、そして世界を代表するアスリートとしての責務であるかのように……。

そうした中で、練習環境の確保の理由などから、ビロディドはスペインに避難。遅れを取り戻すかのように練習に励んだ。

現在、ビロディドはブラジルに合宿をしにきているようで、この度話題になったプールサイドでの写真もブラジルで撮影したようだ。柔道着にプールとはミスマッチ感を覚えるが、それでも絵になってしまうのがビロディドの恐ろしさである。

誘惑の多そうな環境にもみえるが、このブラジル合宿で成長し、パリ五輪では金メダルを獲ってほしい。ますます彼女から目が離せない……!

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事