有吉弘行 上島竜兵さん追悼で垣間見た毒舌の奥にある「人間味」 | FRIDAYデジタル

有吉弘行 上島竜兵さん追悼で垣間見た毒舌の奥にある「人間味」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
15日放送のラジオで初めて上島竜兵さんの訃報について語った有吉弘行。時折涙ぐんだが…

有吉弘行の人柄がにじみ出ていた――。

5月11日に急死した『ダチョウ倶楽部』上島竜兵さんの葬儀が14日にしめやかに営まれた。その様子を、とりわけ親交が深かった有吉が15日に放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)の中で語った。

冒頭こそ明るく振る舞ったが、すぐに

「なかなかビックリしたよ。元気出たつもりだったけど、繰り返すね。元気でたり、落ち込んだり」

と吐露。上島さんとは亡くなった11日の夕方に無言の対面を果たしたといい

「2人きりにしてもらったけど、はぁ…」

と大きくタメ息をついたあと、以下のように続けた。

「ツッコんでやろうかとか、茶化したり、『バカだな』とか言おうと思ったけど、『ありがとうございます』ということしか…。お礼の言葉しか出なかった」

消え入りそうな涙声――。有吉といえば、毒舌キャラで知られ、今年1月2日放送の同番組では、ゲスト出演した上島さんを前に、’20年3月に亡くなった志村けんさんの名前を出し、イジりまくった。

「志村さんが亡くなって1年半になりますけども…」

と語り出した有吉は、

「もう呼んでんじゃないですか? 志村さん、寂しくて。『竜ちゃん寂しいよ』っておっしゃってるんじゃないですかね、天国で」

とポツリ。上島さんは

「いや、俺の前に(千鳥)大悟を呼ぶでしょう」

と返したが、有吉は

「いや、大悟はまだ若い。志村さん、絶対天国から『大悟もっと頑張れよ』『竜ちゃんそろそろ寂しいよ』って(言ってる)」

と食い下がった。これに上島さんは

「俺、はっきり言うよ。嫌だよ! 嫌だ嫌だそんなの。もし死んだとしても呼ばれて死にたくないね」

と声を荒らげ、有吉は大爆笑していた。

この時のやりとりが、今回上島さんが亡くなったことで蒸し返され、ネット上では批判も巻き起こったが、お笑い関係者によると

「あれは有吉さん流の激励だと思いますよ。志村さんが亡くなり、コロナ禍で外出も減り『上島さんの元気がない』という話は近しい関係者の間では回っていた。有吉さんは上島さんに元気になってもらいたいと、あえて志村さんをネタにしたんだと思います」

という。

根は真面目で、他人思い。同じ太田プロの後輩芸人の面倒見も良い。自身のキャラクターを熟知しており、かねて上島さんの葬儀では「熱湯を顔にかけようかな」とうそぶいていたが、実際に恩人の死を目の当たりにした時、出てきたのは感謝の言葉だけだった。

「有吉さん含め、葬儀に参列した竜兵会のメンバーはみんなボロ泣き。メンバーそれぞれがお礼の言葉を上島さんに掛けていたそうです」(芸能プロ関係者)

有吉は前出のラジオで

「お通夜も葬式もちょこちょこ笑っちゃうようなことがあって、『上島さんの葬式らしいな』ってね…。最後(妻の広川)ひかるさんが喪主のあいさつ気丈にやってらっしゃったときも、ひかるさんらしくて。

竜さんがフーテンの寅さん好きでって話をしようとして、いきなり『寅さん死んじゃって…間違えた竜さんだ』つって、みんな爆笑。ひかるさんも最後まで笑ってて、いい葬式だなと思った」

と気丈に語った。自身を心配するファンのために、ラジオで心境を包み隠さず伝えた有吉。多数のレギュラー番組を持ち、いまも芸能界のトップで活躍する男の毒舌のウラに隠された“人間味”が垣間見えた気がする。有吉は最後に

「上島さん亡くなって寂しいですけども。いろいろネタはありますからね。しつこいくらい、古典落語になるぐらい、いろいろと話すこともある。まだまだ上島さんのことを忘れずに、ウダウダとお話ししていこうと思います」

と決意表明。これもまた有吉流の供養の仕方なのだろう――。

  • PHOTO足立 百合

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事