新大久保が食べ歩きグルメのポイ捨てでゴミの街になっちゃった!

国内有数のコリアンタウンで「ハットグ」食べる日本人観光客の低モラル

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
仮設ゴミ箱もこのありさま。食べ歩きグルメ店も”ゴミ処理”に協力しているが、解決の目処はつかず

「家を出ようとすると、マンションの入り口にゴミの山……。外に出た瞬間に食べ残しの入った容器を踏んでしまったことは、一度や二度ではありません。新宿区にも連絡しましたが、状況は変わりません。最低限の節度は持つべきだし、こちらの迷惑も考えて欲しいですよ」

駅近くのマンションに住む住民は、半ば諦めるようにこう嘆いた。

国内有数のコリアンタウンとして、多くの観光客が訪れる新宿・新大久保。韓流好きの若者が街には溢れ、週末になれば、歩道をまともに歩くことも難しいほどの混雑を見せる。そんな新大久保がいま、ゴミの街と化している。

「ここでの飲食、ポイ捨ては迷惑となるので絶対にヤメて下さい」

大久保通りから小道に入ると、こういった類いの膨大な数の注意書きも目に入ってくる。1〜2分も歩けばマンションや住宅街があり、居住者の数も多い。驚くべきことに、そんなマンションや民家の敷地内に、食べ残しやポイ捨てされたゴミが無造作に放置され、山積みとなっているのだ。

その最大の要因は、爆発的な人気を集める韓国式ホットドッグ、「ハットグ」の存在だ。販売店は駅近隣に20軒近くあり、一日で2000本売り上げる店もあるなど、空前のブームが訪れている。

ソーセージの代わりに大量の伸びるチーズが入っており、「インスタ映え」を狙う若者達が列をなして商品を購入し、路地裏で頬張る。だが、そのゴミを残された住民達は、「カラスや猫が寄ってきてゴミ袋を荒らす。朝には異臭も伴う大惨事です」と激昂する。

食べ歩きは更なるマナー問題にも繋がっていると、商店街内の店主は指摘する。

「店の前で座りこんだり、中で食べ歩く人すらいますよ。商品を汚したり、他のお客様にぶつかってトラブルになったこともあります。ただ、こちらも客商売なので、ネットやSNSで悪評を書かれることを考えると、強くは注意できない」

本誌記者は、「ハットグ」を食べ、ゴミを放置している日本人女性を複数名確認した。声をかけたところ、「ゴミを捨てる場所がないからしょうがない。ゴミ箱を増やさないとダメでしょ!」と逆上し、足早に去っていった。

新大久保商店街振興組合で事務局長を務める武田一義氏は、ルールを守れない人が多すぎる、と怒りを露(あらわ)にする。

「ポイ捨てをする人の大半は、(外国人観光客ではなく)日本人なので頭が痛い。ボランティアで週何度かゴミ拾いをしていますが、ひどい状況です。過去にもトッポギなど、韓国グルメのテイクアウトのポイ捨てで、街にゴミ箱を増やしたことがある。ただ、『歩行者の邪魔になる』といったクレームが入り、片付けを行う人員の問題もあり難しかった。結局、個々のモラルに訴えるしか根本的な解決にはならないんです」

ゴミ問題を商店街に解決させようというのは酷な話だ。住民は、行政が重い腰を上げるのを待ちわびているが……。

韓流グッズの店に群がる人々。本誌記者が通りを少し歩いただけで、食べ物を持った若者と何度も衝突した
  • 撮影等々力純生

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事